*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少しずつ少しずつ
1ヶ月以上、放置してしまった!
気にはしていたんだが、油断し過ぎてましたね。
なんてこと・・・。

さて、引越しをしてから9ヶ月が過ぎようとしてます。
早いものです。
引っ越してから一緒に住み始めた猫のくーさんも、だいぶ落ち着いてきました。
とはいえ、昼間はクローゼットの上の端っこに設置した発泡スチロール箱にじーーーーっと潜んでいて
夜になるとやっとお出ましなのですがw

それでも変化はあるのです。

挨拶として、猫の顔に人間の顔をくっつける。
はじめは「何すんねんっ!」と全身を引いていたんだが、何をされるでもないと学んだようでおおげさには嫌がらなくなった。
それに、猫が座っているところを通り過ぎついでに撫でるというのもよくしますが、
これも手をのばすと「何すんねんっ!」と逃げまくっていたのが、頭を撫でられるだけだとわかり、じっとしているようになりましたw
ちょっとずつおしゃべりもするようになってきました。
すごーく小さく 「にゃ・・・」 と啼きます♪
まだ、何の ”にゃ” なのか、人間が理解できていませんが。

少しずつ少しずつ。
仲良くしようね♪
スポンサーサイト
小さいけれど大きな変化
くーさんは昨年の10月のお引越しで家猫に昇格した。
(無理やり連れ去り・・・とも言うw)

そんなくーさん。
人間にもだいぶ慣れて、ホットカーペットの暖かさも学習し、夜には人間の近くでもくつろぐようになった。
でも抱っこはできない。
抱き上げると体がこーちょくw

朝はご飯が欲しくて、着替えている間も顔を洗っている間もずっとchibokoのストーカーw
起きたばかりは室温が低いので、ガスストーブを点けてしばらくぼーっと温まっている。
その間も周りをウロウロ。
膝に乗ってきたりはしない。
あくまでも 周辺 をウロつく。
それを見ていると、手を出したくなるものだw
手を伸ばして頭をなぜたり、尻尾を触ったり、無理やり抱っこして胡坐の上に乗せてみたり。
でもすぐに逃げ出す。
それがくーさんなのだ。

ところが、今朝。
胡坐の中に入れると、そこでおもむろに毛づくろいを始めたのだ・・・!
わー わー わー。 毛づくろいしてるー♪♪♪
テシ テシ テシ・・・。
わー わー わー。 まだやってるー♪♪♪
チラっ (上目遣い)
目、合った! 
テシ テシ テシ・・・。
あ。逃げ出さないー♪♪♪

しばらくして当たり前のように降りて行った。
ちっちゃいけど、大いなる前進!!!
膀胱炎・・・
猫はあんまり病院にかかることはない。
犬みたいに骨折とか、異物を飲み込むとかしないしー。

・・・と、思っていたら。ら。ら。ら?

ちぃさんがおかしい。
トイレが(小さい方)すっごく チョビット になった。
んー? なんかおかしいぞー?
しかも頻繁。
チョビット が いっぱい。

で、うちのスタッフに相談した。
すると即答!

ぼーこーえん です。

お?膀胱炎・・・。

今年は寒いですから、多いですよー。

確かに引っ越してから、ちぃさんのトイレの位置が変わっていた。
台所の脇のサンルーム。
サンルームって言ってはいるが、北側だし、スペースとしては出っ張ってるし(元・ベランダだったらしい)で。。。寒かった。。。
ちぃさん、寒くておトイレに行きにくかったらしい。
かわいそうなことをした・・・ごめんよー。

膀胱炎はお薬で治る。

1日1回でいいお薬と、2回のお薬があります。

どう違うの?

1回のお薬は苦くて、2回のお薬は甘いです。

苦い、甘いって・・・先生わかるの?

薬はぜんぶ味見してます。とーぜんですっ!

失礼しました~~~っ。

オレンジ色の粉薬が2週間分処方された。これを処方食(缶詰)と一緒に食べさせろという。
好き嫌いのはっきりしているちぃさん。缶詰食べるかなぁ・・・。
結果、最初の数日は心を鬼にして処方食を出したものの食べたがらない。
仕方なく朝だけ処方食にして、さらに手で口元まで運んでやって、やっと数口。。。
とにかく薬を食べさせなければ仕方ないので、2週目は朝夕ともに市販の缶詰に薬を混ぜて食べさせた。

そして、もちろん!
トイレは暖かい部屋(=居間!)に移動。
・・・居間には置きたくなかったんだけど、彼女たちの健康を考えれば背に腹は変えられんっ!

おかげさまで、なんとか。。。
1日2~3回のトイレ回数になりましたー。
元気がいちばんっ♪





猫時計
目覚ましは携帯のバイブレーター。
就寝が特に遅くなければ、平日は6時にセットする。

しかし、この2ヶ月程はその振動で起きることは、ない。
その前に目覚めるのである。

にゃあーん。。。にゃあーん。。。
(朝ごはんくれ~)

この朝ごはんコールが実に絶妙な時間にかかる。
5時57分。。。
早過ぎず、でも早いwww
だったら起きるまで待て とは思うが。なぜにこのタイミング?

この猫時計。くーさんである。
啼くと起きてくるのを学習してしまったらしい。
ちぃさんは人間が起きるまで、じぃぃぃーっと待っていてくれるんだがな。。。

少し寝坊したい日も、猫時計は正確に作動する。
にゃあーん。。。にゃあーん。。。
時計を止めるためには、餌皿に餌を入れなければならん。
ヨタヨタと起きだして、とりあえずカリカリを少しあげて、布団にUターン。
おやすみ・・・

それにしても、猫時計で起きだすのはいつも私。。。
ちぼ太には聞こえないらしい。
不思議だ。
個体差
ついに多頭飼いの仲間入りしたちぼ家。

chibokoは猫と暮らすのは、ちぃさんが初めてだった。
よって、『猫というものは、こーゆーモノだ=ちぃさん』であった。
ちぼ太曰く「ちぃさんは猫らしくない。」
お膝抱っこはキライ。
喉は鳴らさない。
一緒に眠らない!(←これが一番のご不満なようでw)

猫だって個性はあるんだから、そりゃそれぞれ違うでしょうよ。
と頭ではわかっていたが、すぐに現実として分かったことは


おトイレの始末って、結構違うのね・・・


ということだった。
猫マンガでもネタになるコトではあるんだが、目の前で見ると なるほど~ と思う。

ちぃさんは最初、紙製で粒が大きめの砂から始めた。
近くのスーパーで売っていたからだった。(紙製だと水洗トイレに流せるし)
しかしそのスーパーのオリジナル商品であったために、ある日を境に無くなってしまったのだった。
慌てて他のを探して、粒が細かい紙砂に落ち着いた。
同じものを使ってもらおうと、くーさんもその砂で始めた。
ところが、くーさんはおトイレが上手ではなかった・・・。

ちぃさんは潔癖症らしく、(比較の対象が来て、気がついたんだけどね)
用を済ますと前足で必死に砂をかける。
きれーに砂をかき集め、こんもりとしたお山ができる。
姿だけでなく、臭いも消そう! の勢いである。
なので、トイレの底面がいつも清潔に保たれていることが必要であり、
人間にはわからない汚れにも文句を言って砂を全部取り替えさせることもある。

それに対しくーさん。
人間が見ていない隙に用足しをするので、よくわからないんだが
ちぼ太曰く 「トイレの後にかき混ぜてる」 そうだ。
つまり、砂がせっかく水分を吸って固まろうとしているところをかき混ぜてしまうらしい。
大きいほうも同様で、コロンコロンとしたものが砂の上にまんべんなく転がっている。
しかもトイレサイクルが違うようで、
ちぃさんはコンスタントにそこそこの量をするのだが、
くーさんはある程度溜めて一度に大量生産する。
おそらく外猫の習性なんだろうと思われる。

で、くーさんが使用した砂は全体的に汚れる。
毎回全部の砂を取り替えないといけない勢いであった。
この紙製の砂は、ちょっといいヤツなのでお値段的に痛い・・・。
ちぼ太が紙製の やっすいヤツ を買ってきてくれたんだが、これは粒がすごく大きい。
「固まりやすい」と書いてあるが、くーさんのおトイレ量が多いせいか
全く固まらない。しかも見た目が余計に汚らしい。。。

chiboko考えた。
外猫さんだったわけだし、きっと 砂 に近いほうがいいのかもしれん。
燃えるごみで出さなきゃいけないけど、試してみよう。
ホームセンターの猫砂棚の前で考え込む。どれにしようかな?
担いで帰ろうと思っていたから、重さも重要。
粒の細かい、そこそこ持てそうな砂を買って帰った。

砂が変わっても、くーさんはそれほど気にする様子もない。
同じようにかき混ぜるけど、小の時は細かい粒が砂状態になって固まってくれるし、
大の時はコロコロの周りをコーティングしてくれる。
なかなかよろしいーーーー。

2匹の猫に2種類の砂。
ま、こんなもんなのでしょう。






プロフィール

 ちぼ太 & chiboko

Author: ちぼ太 & chiboko
ちぼ とは?
「ちぼ家」に君臨する
シマトラにゃんこ  7歳 ♀


chiboko のつぃった~ユーザー名は
chibomi です♪
☆フォローお待ちしてます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。