*All archives* |  *Admin*

2007/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えこ?
なかなか買えなかったお買い物バッグを手に入れた。
なぜか まっ黄色・・・。
おかげさまでゴミ袋としても消化しきれなかったスーパー袋を
捨てずに済むようになりました。

お風呂の残り湯は(湯船の蓋がないために)いつも流してしまっていたのですが、
蓋付きバケツ1杯分を汲んでおき、翌朝のベランダ植物にあげるようにしました。
翌日のお天気がよいことが天気予報で確認できる時には、洗濯機に入れておいて
朝に洗濯機をまわすこともするようにしました。

ベランダで育てている きゅうり と ゴーヤ は食用ではなく(当たり前か・・・)
夏の暑さしのぎの『緑のカーテン計画』なのです。
育ててみて思ったこと。
きゅうりの葉は大きいけれど、カーテンにするならゴーヤの葉っぱのほうが優秀です。
きゅうりは主となる茎が1本どんどん伸びていって、下の葉がどんどん枯れていく。
ゴーヤは本葉5枚くらいで先端をつんでしまうと、そこから分かれてくれて(ちぼ家 の場合は3股に分かれ)そこから先は適当に枝を出していってくれます。
つまり、たくさんの枝分かれした茎がうまい具合に交差して
きちんとカーテンっぽくなるのです。
20070627224219.jpg


最後は、ずっと前からやっていることですが
20070627224256.jpg

豆苗の二度使用・・・w 立派なもんでしょ? 二度目だよっ。
これも ECO ? 
スポンサーサイト
シッターchiboko
chiboko の実母の調子がよくない・・・。
早く知らせてくれー母上。あたしゃ、ぜんぜん知らなかったよ。

てなわけで、昨日は実家でお掃除をしてきました。
片道2時間・・・なので、やっぱり1日がかりでしたね。
たかが掃除、されど掃除。せっかくなので、床を雑巾がけしてトイレもお風呂場も
掃除してきました!
これからは定期的に行こうかな、と思ってます。
ええ、娘が年とれば、親だって年をとるんです・・・w

そして、今日からご近所さんの猫シッターもスタートしましたw
牙なし どど は、すっかり家猫になったのですが、そのご近所さんが
小旅行へご出発。お留守の間のお世話係ですw
どど は、あたしたちの顔を知っているので、鍵を開けて入っていっても
怒るでもなく、普通に寄ってきます。

ちぼ家 が、以前ご近所さんに ちぃ のお世話をお願いした時には
「ちーちゃんは、番猫ができますねっw」
とお褒め(?)の言葉をいただきました。
聞いてみると、鍵を開ける音にいそいそと出てきた ちぃ は、そこに見知らぬ
(見たことはあるはずなんだが・・・)彼女を発見し、逃げるどころかパンチを
繰り出したんだそーだ・・・。夏だったから、彼女の足に傷をつけてしまった。申し訳ございませんー。
次の日は『靴下』を履いて来てくださったそうであるw

シッターchiboko、明日も どど を見守ります。
勢力図
どど の歯を切った、という話をしましたが
やはり猫にとっては 『歯がない』 というのは致命的なことだったようです。

ケンカは確実にできなくなる・・・。

それは本猫がいちばん理解していたようで、
この地域を支配していた どど が、ついに引退せざるをえなくなって
しまいました。

今までは、具合が悪くて5階の方のおうちでお昼寝させてもらっても、
元気になったらすぐに縄張りを確認しに 『出る!』 と飛び出していったのに、
もう自分の縄張りが無くなってしまったことを理解して
全然外に出なくなってしまいました・・・。

可哀想なことをしてしまったのだろうか。
でも、仕方の無いことです。
完全な のら猫 であったなら、すでに終わっている命だったのですから。

地域のボスがいなくなると、他の雄猫は敏感に感じ取り
自分の勢力範囲を広げてきます。
雌猫は勢力争いに関係ないと思っていたのですが、
くー も時々ケンカをしているようです。
怪我をしなければいいのですが・・・。

余計なお世話と思っても、近所でケンカが勃発すると気になって
見に行ってしまいます。
さっきも誰かがケンカの声を上げていたので、ベランダに出て暗闇を
見つめていたら、お隣のお隣さんも気になったようで出てきました。
猫バカ1階チームですw

なににせよ、怪我をしないように、
そしてみんなで仲良くまったりと暮らして欲しいと願うのですが・・・w

得した気分♪
日曜日にレンタルDVDを借り、昨日返そうと思っていたら
会社に置き忘れ、「2泊3日にしといてよかった~w」とか思いながら、
今日返しに行った。

なんとなく気になっていたアーティストがいたので、
久々にCDのフロアを覗いている。
あった。
旧作扱いになってるしな。借りてみようかな・・・。

カウンターに持っていく。
旧作 7泊 300円。
お♪ 安いw

「女性サービスデーですので、100円引きです。」
わw 200円だ♪

「お客様のポイントで100円引けますけど、いかがなさいますか?」
じゃ、お願いします・・・。
ということは・・・100円。


得した気分~♪
迷子
暑いですねぇ。そして、抜群のお天気ですw
あんまりお天気がよいものだから、昨日は朝から宣言しました。

「今日はイブニング(※)に行こう。時間は3時~6時。どーだっ!?」

ちぼ太も賛成したので、朝から気合を入れて洗濯とお掃除。
お風呂とトイレもきれいにして、2時には出発できるように頑張りましたw
まぁ、予定は未定・・・ってことで、出発は1時間押しましたが
無事に出かけました。

夏の夕方は気持ちがいいです♪
手近な川を目指して、東名高速に乗り約1時間弱。
目指す川に着いてみれば、やはり先客は居ました。そうですよねぇ、いい季節ですからw
じゃあ、他を探してみようかー と、山に入っていってみました。
もちろん、ちぼ太の知っている道です。
「ここから先は行った事がないんだよねー。」
と言いながら、その先まで走ってみました。

山 です。
ちゃんとした道路で、山もきれいに手入れされています。
しばらくは川に沿っていましたが、やがて川から離れ、道はどんどん登っていきます。

走り続けます。

山 です。
後ろから来る車も、対向車もありません。
静かです。
どこに向かっているのかわかりません。
なんだか ちょっと不安になってきます。

走り続けます。

山 です。
ちょっと下ってきた気がします。
あ、左眼下に家が見えました。道路も木々のずっと下の方にちらちらと見えます。
2人とも、ほっとします。

でも道は右に曲がっていきます。
里から離れていきます。
お日様も当たらない側になってしまいました。
・・・山は続きます。

どうやら ひとつの山 ではなく、いくつも連なった山を横断している感じです。
ずっと1本道なので遭難はしないでしょうが、陽がなくなるのは避けたい・・・。
「あと30分走ってどこにも着かなかったら、引き返そうか。」
chibokoも即座に同意。危ないことは避けたい。

と、対向車・・・。
「横浜ナンバーだ。」
彼らは何処から来たのでしょう?

と、ひとりの男性。
なぜか大きな竹を1本引きずって歩いている・・・。
何者? どこから来てどこに行くんだ???
(ちょっと怖いー)

ここはどんな山奥なんだろう・・・?

ふと上を見上げると、どうやらほぼ頂上らしい。
「一番上みたい。あとは下りだよ。」
chibokoの読みは当たり、どんどん下っていく。
2人ともまたちょっと安心。
下るんだったら、どっかに出るだろう。

すると、いきなり立派な建物が現れた。
人もいる!
旅館かな? こんな山奥に?

『南足柄群 郷土資料館』

えぇぇぇぇぇっ! なんだこりゃ。
こんな山奥に郷土資料館作って、何考えてるんだ箱物政治!

・・・と考えたのは早計でしたw
来た道を振り返れば
「林道 一般車両通行禁止」
の文字がw
(来た方向には何も書いてなかったよ? 多分w)

郷土資料館から正規の道を下っていくと、あらまぁ・・・。
15分程度で街中に出ておりましたw

あとで地図を確認すると、山の中の一本道を
ずーーーーっと横に走り、見事な環状を描いて戻ってきただけでした。

ちゃん、ちゃん♪

(※)イブニング・・・夕方の釣りですねw
何事にも加減は必要でしょ
うちの会社は、いわゆる雑居ビルに間借りしている。
小さなビルでね。ワンフロアーには2部屋しかない。
その2部屋は、見事に 大 と 小。
もちろん、うちは 小 であるw
ここに越してきて、もう3年になりますね。

お隣りさんは、各地方に支社があるような大きな会社さん。
何か特許をお持ちだそうで、ハタから見ても
「安定」感を感じる。
GWが飛び石であろうと ど~ん! と休むところとか
「おばさま」が多く、長く勤務されてる様子とか
そういうところで、「大」企業を感じるのだ。

「大」企業であることは関係ないのかもしれないが、
このお隣りさん、非常に酒盛りが好きであるw
新入社員が入れば酒盛り。
桜の花が咲けば酒盛り。
社長がフグを持ってくれば酒盛り。
何はなくてもなんとなく酒盛り・・・w
翌朝には廊下に一升瓶が山積みだったり、
桜前線睨んで数日前からおでんを煮込んでいたり、
男性お手洗いからなんだか苦しげな声が聞こえてきたり・・・(オィ!

でもって、ひとり個性的なおじちゃまがいる。
日中はごく普通におとなしいおじちゃまなのであが、
酒が入ってほろ酔い加減になると、俄然い~ぃ気分になるらしいw
あちら様は早々に宴会が始まってるから、こちらが残業して「やれやれ・・・」と帰ろうとしている
8時半頃は、おじちゃまは出来上がっている。
そして、廊下でばったり会っちゃった日には


「あれ?」


とか言うわけだ。
日中は挨拶もろくにしないのに。

で、一応無視するわけにもいかないので
「あ、おつかれさまです。」
とかなんとか言うと

「あれ? あれ~ぇぇぇ?」
(なんだよ、酔っ払いっ!)

「あらら・・・。この階に こーんな美人、いたっけか? あらあらあら・・・。」
とか言いながら去っていく。

おぃ、おじちゃま。
この3年の間に同じ台詞を何度言ったら気が済むの?
悪いがあたしは3年間ずぅぅぅぅっと居るんだけどなぁ?

笑うに笑えず・・・。
うちのもう一人の彼女と、今日も苦笑いを交わすしかなかったよw


きゅうり泥棒
きゅうり と ゴーヤを育てている、と報告してましたが、
きゅうり は1本だけきちんと実が大きくなっていました。
食べ時を考えながら、毎日楽しみにしていたのです。
昨日の朝、ヘビ騒動がありながらも出社前に ちぼ太 にかけた言葉。

「今日はきゅうりを収穫するよ♪ お味噌つけて食べようね♪」

そして るんるん♪ と帰ってきた。
頭の中には、食卓に乗った新鮮なモロキュウがw

帰宅すると、まず玄関マットの上に ちぃ が待っている。
一応お留守番の間は寂しいらしく(笑)、帰ってくるとグルグル喉を鳴らしながら
まとわりついてくる。
ちぃ にじゃれつかれながら、家中のカーテンを閉め、
ちぃ のご飯を用意し、次に外猫 くー のご飯を出してやる。

くー にご飯をあげて、ふと後ろを振り返ると



無い?


あれ? きゅうりは?
きゅうりは? きゅうりは? きゅうりは? きゅうりは? きゅうりは? きゅうりは?
きゅうりは? きゅうりは? きゅうりは? きゅうりは? きゅうりは? きゅうりは?
きゅうりは? きゅうりは? きゅうりは? きゅうりは? きゅうりは? きゅうりは?
きゅうりは? きゅうりは? きゅうりは? きゅうりは? きゅうりは? きゅうりは?


きゅうり は何処ぉぉぉぉぉぉぉぉっ???????


ヘタの上からキレイにもぎ取られて(?)いた。

ショック!
犯人は・・・あいつだな。


翌朝、駐輪場の屋根の上に無残な姿の きゅうり がっ・・・(泣
どうせ食うなら残すな カラス!

でも、きっと
きゅうりをGetしたカラスは
わーい わーい♪ とダンスしたに違いないのさ。

それを思うとなんか怒れないんだよねぇ・・・w
心づくしの贈り物?
猫がプレゼントを持ってくるっていう話はよく聞いていた。
プレゼント・・・。まぁ、「獲物」ですなw
外猫 くー は、今まで虫を捕ってきたことはあった。
去年は一歩進んで(?)ネズミを捕ってきた。
(どこで狩りしてるんだ?)
その時は、ちゃんと餌皿に入れてあったんだそうで
ちぼ太 が見つけて、そのご臨終したネズミさんをポイと捨てておいてくれた。
その際のちぼ家の会話。
「くー に怒っておいたから。」
「え~っ? くー は、いつものお礼で捕ってきたんだよ。怒ったら可哀想だよ。」
「でも血だらけだったんだぞ。」
「まぁ、人間からしたらそうなんだけど。きっと くー は怒られてびっくりしたと思うよ。」
・・・ってことで、今度何かを贈られたら、何であろうと褒めてやろうという結論になった。

さて、今朝の話。
くー が何かを持ってきた。

一段とグレードアップしていた・・・。



生きてる。
動いてますが・・・。


hebi to ku-


どっから捕ってくるんだぁぁぁぁっ!?

ええ、褒めました。
褒めてやりましたともっ!(泣
民営化の効果実感?
通勤定期の期限が切れたので、念願のPasmo定期をGet♪
ICカード2枚を同じ定期入れに入れた状態では使用できないとのことなので、
今まで使っていたSiucaは さようなら することにした。
便利なことにJRもあるんだな。うちの駅には。

さて滅多に来ない「みどりの窓口」w
窓口は2つ。
しかし自動ドアを入ってすぐのところに職員さんがひとり立っていた。
「もう使わないのでSuicaを清算したいんですが」
「チャージ金額は残っていますか?」
「あー・・・。いくらかはあったと思います。」
ここで職員さん、あたしのSuicaをにぎって外のチャージ機で金額を確認しに走ってくれる。
どうやら2,000円とちょっとあるようだ。
戻ってきて説明してくれたのは、
チャージを全て使い切った状態での清算なら、最初にカード代として支払ってある
500円をそのまま返金できるのだが、チャージが残っている状態での清算だと
全体の金額(チャージ残高+初期500円)から210円を引いた金額しか返金できない
とのことだった。
まぁ、それでもいいやー。面倒くさいから、清算してもらおう。
と、ここで初めて列に並ぶ。
後ろにも数人が続き、そのうちお一人は京都までいらっしゃるようで、
さっきの職員さんと話している。
「京都までだと、こだまとひかりだとどちらがいいかしら?」
すると特に調べもしていない風なのに即座にいろいろと答えていた。
さすがJR職員。
ひかりとこだまの所要時間差や金額の差額、指定席の有無などなど。
そして「これは自動券売機でも買えるんですよ。どうぞ。」と
案内して行った。

頭の後方でそのやりとりを聞いていると、あたしの番が回ってきた。
窓口でSuicaを差し出す。
「清算お願いします」
「はい。チャージが残っていますと・・・。」
「あ、説明ちゃんと聞きました。いいです、清算してください。」
「わかりました。」
・・・なるほど。
2つしかない窓口を効率よく回すには、彼はとても必要な存在だ。

これも民営化のなせる業?
なかなか気分良く手続きができましたよw JRさんw

久しぶりすぎw
いやいやいやいや・・・。
INしてみました♪
1時間のつもりでね? 「県庁の星」が始まるまで。
そしたら、みんな結構入ってるじゃあないですか~w
新メンバーも居た♪ (トラエルs、よろしくですぅ♪)

サクチケももちろん切れてるし、
アバターも終わってるし、
お守りも無いし、
ちもも もお人形化しちゃったし・・・の無い無い尽くしw
ちぼ太がくれた黒頭巾でINT補正が更に強化されて、
ちぼ太曰く「すげぇ~」数値らしい♪(chiboko的には「そぉなのぉ?」って感じw)

ギルメンもいい人数だし、優さんはデスペガールに変身するし、
ってなわけで空気はすでに「ギルクエ」モード♪
「県庁の星」が終わるまで待ってくれるというお許しをいただいたので
のんびりとTV鑑賞をさせていただきました。(お待たせした皆様すみません・・・)

そして! 久々の 久々の ギルドクエスト~っ♪
・・・みんな早いよ。ボス戦なんて、あっという間じゃないか・・・w
(あたしが死んでる間に終わってるー)
みんなとのSSを撮り忘れてこれしかない↓↓↓
これ、きれいねぇ♪ (なんて言うんだ?w)
20070610115856.jpg

うふふ♪
また遊ぼうねぇっ♪♪♪

日常のひとコマ
最近、文字ばっかりだったからなぁー。
久々にこんなショットはいかがでしょうか?


20070608234920.jpg

左が どど で、右が くー です。
なんとなく仲良し♪
ご飯を食べ終わって、2匹で箱の上に並んでいたのが
微笑ましかったので撮ってみましたw


それから、これ。

20070608235047.jpg

えーと。
なんだかわかりますか?w

ごろんっ♪ としている ちぃ です。

このヒトは、いつも頭をぐいっと捻じ曲げてあごを天井に向けたポーズで
くつろぐのですね。
そこは食器棚の上なのだがな・・・。
落っこちないでね? ちぃさん?w
ちいさな ちいさな
ぜんぜん広くないベランダに
ぜんぜん多くない植物たちが育っているのだが、
思わずその空間に30分もたたずんでしまう 朝w

水をやり、枯れた花を切り、育ち具合を眺めていると
結構時間が経ってしまう。

きゅうりの蔓がだんだんと延びてきたので、網を張ってあげたんだが
先日、その緑の網に虫がとまっていた。

何かな?

細くて小さい。
でもこのお尻のきゅっ!と上がった感じ。
ファイティングポーズのような姿勢・・・。

かまきりくん だ♪

小さくても かまきり は かまきり なんだ~♪
(そりゃそうなんだが、分かっていても感動するよねw)

そして数日前に、新聞の広告欄に全文載っていた詩を思い出した。
『おれはかまきり』(作 工藤直子さん)
検索すると全文が簡単にHitします。(・・・いいのかな?とも思うけど)
だからあえてここには全文は載せないけど。

すっごい元気な ぎらぎらの かまきりの詩。
『おう なつだぜ おれはげんきだぜ』♪って感じでw

ちいさな ちいさな かまきりくんも
きっと心は『かまきり りゅうじ』。
うちのベランダにまた遊びにおいでねーw
何処から こんなに?
猫にも定期的なワクチン注射がある。
狂犬病みたいに Must なものではないんだけどね。
もちろん ちぃ は、拾ってきた年から打ってるんだが、外猫の女の子は
打ってなかった。
でも、まぁ毎日えさ食べに来てるし、どんどん慣れてきて可愛くなってきたし、
だから長生きして欲しいし・・・ってことで、注射打たせることにしました。

ちぼ家から歩ける場所に、動物病院が1つ開院していて、
先日 どど を連れて行ってみて、なかなかよかったので
くー(これが外猫の女の子)を洗濯網に捕獲して連れて行った。

その病院は、マークが 『フェレット』。
聞いた話だと院長先生の得意なのがフェレットなんだそーだ。
で、くー を連れて行ってみたところ・・・

フェレット だらけw

飼い主さんそれぞれ様々なキャリーバッグで連れて来てるんだが、
一見犬が入っていそうなバッグからフェレットが出てくるw
比較的空いていたらしいその日でさえ、待合室には10組程度の
飼い主&動物。
そのうちのフェレット率は、実に70%!!!
犬が1組。猫は うち ともう一組・・・。

このフェレット達は何処からやってくるんでしょうねぇw
きっと「フェレット網」を辿って、ここに集まってくるんだろうな。

やっぱり 「ウサギが得意なお医者さん」 が見つかったら、
そこに行くんですかね? コウさん?w
飛行訓練
巣立ちの季節であるw

と考えたかどーかは知らないが、6月の第1週の土曜日、
すこぶる天気のよい日に仔ガラスの飛行訓練が始まった(ようだ)。

いつもは窓の外を気にするわけではないのだが、
たまたま、通りすがりの親子連れを眺めていた。
その時

「痛っ!」

お父さんであろう男性が後頭部に手をやった。
犯人は カラス だ。
カラスに突付かれる という情報は聞いていたが、自分が突付かれたこともなく
目の当たりにしたのも初めて。

そういえば、今朝は随分とカラスの鳴き声がする・・・。
注意して見れば、2羽のカラスが比較的低い位置で不規則に飛び回っていた。
これは、飛行訓練だな?
仔ガラスの位置は確認できない。

と、そこに犬の散歩をしている人が・・・っ。
どうやら思い切り攻撃されたらしく、こめかみの辺りをぬぐっていた。
危険極まりない。

しばらくして、玄関側の部屋の窓から覗いてみると
地面に黒いものが落っこちていた。
あれ? カラス?
親か仔か見分けがつかないw 大きさがほぼ同じだー。
地面からうちの目の前の手すりに飛び上がった。
そこでカーテンを開けて 「何やってんの?」 と声をかけたら
びっくり仰天して飛び去っていった。

また暫らくしたら同じ場所に落っこちてきた。
仔ガラス 決定♪
親ガラスが隣のマンションの4階辺りに泊まって見守っている。
と、仔ガラスが歩き始めた。
ぴょーん ぴょーん ぴょーん ぴょーん♪
マンションの駐車場をずーっと横切っていく。
おぃおぃ、飛べよー。
(キミが歩き回るから、通行人が攻撃されるんだ・・・)

思わず掃除の手を止めて、見てしまった。
この後、仔ガラスは とあるお宅の桜の木に泊まったまま
20分以上飛びたてなかった。
その間、親は周りを飛び回ったり、呼びかけたり、桜の木まで迎えにいったりと忙しい。

攻撃されるのは困りものだけど、子育てしてる姿は応援したくなるw
頑張れ 仔ガラス。
大空へ羽ばたくんだー。
プロフィール

 ちぼ太 & chiboko

Author: ちぼ太 & chiboko
ちぼ とは?
「ちぼ家」に君臨する
シマトラにゃんこ  7歳 ♀


chiboko のつぃった~ユーザー名は
chibomi です♪
☆フォローお待ちしてます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。