*All archives* |  *Admin*

2008/03
<<02 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふとっぱら ちぼ太
昨日、車で出掛けた。
ガソリンが少なくなったので、ガソリンスタンドへ。
ちぼ太はいつもの通り
「ハイオク満タン。現金で。」
と。

ふと思い、
「3月30日にハイオク満タンにする人って少ないと思うよ?」
ちぼ太は
「?」
「だって、4月から暫定税率切れちゃうから安くなるでしょ。みんな2000円分とかって言って入れてるみたいだよ。」
「そんなのいーんだよ。」

暫らくして
「でもchibokoがゴールドブレンド一生懸命探して買ってるのに・・・。」
って!!!

自分で言うなぁ~。
言われると気になるだろぉが・・・。(気にしてなかったのにっw)

スポンサーサイト
みんなが知れば・・・
『点字ブロック』 って知ってますよね?
視覚障害者のために、歩道に設置されているボツボツのついたブロックです。
存在は知っていたし、その上が駐輪スペースになっていたりすれば「だめじゃん」とは思っていましたが、正しい知識はありませんでした。

ブロックの形状に、パターンがあるのは漠然と認識していると思います。
点字のボツボツが完全に 『○』 のものと、細長い楕円形のものがあります。
『○』のものは『注意』。危険を知らせています。
気をつけて見ると気が付きますが、階段の上や下、電車の駅のホームなどにはこれが設置されています。
細長い楕円形は進む方向を示しているので、歩道などに設置されています。
しかし、設置する地方自治体などが正しい知識がないためにとりあえずそれらしく設置してしまった結果、危険を知らせるべき場所に、進行方向を示すブロックを設置してしまっていることもあるらしい・・・。

これらを知ったのはやっぱり新聞でして。
Webで新聞記事をチェックする場合には興味のある記事しか表示しないために知ることができないことも、新聞だとふと目が留まることで知ることができる。
新聞の価値はこういうことにあるんだなぁー、と改めて思った次第です。

文字だけだとわかりにくいと思いますので、他様のHPをご紹介しておきます。
写真入りでとてもわかりやすいです。
ちょっと覗いてもらって明日からお外を歩く際に、頭の片隅で気にしてみてください。
http://www.kyoto-v.com/output.php?id=133

世の中を見る目が、ちょっとだけ変わりますよ。
たくさんの人が知ってくれれば、きっと点字ブロックの上に駐輪する人も減ることでしょう。
(『ゆとり教育』は、そういう意味で生かせば決して無駄ではなく、優しい地域社会を育てることが可能だと思うのですが)
素敵なお隣さん
前からたまに話題にしている会社のお隣さん。
すでにお隣さんを4年やっていますが、それでもなかなか他社さんのことを知る機会は少ないです。
お手洗いで歯を磨きながら、手を洗いながら交わす短い会話が積み重なって
少しずつ知っていく・・・。

お隣さんは日本全国に支社がいくつもある、大きな会社さんです。
(うちの会社と比べて、って話。一般的な大企業では、ないよ?)
毎年ちゃんと新入社員さんが入っているようです。

先日、新情報をGet♪

「今年も新入社員さん入られるんですかー?」
「んー。不景気だからねぇ。来るのかしら?」
「うちは新卒はとりませんけど、御社は入られるんじゃないんですか?」
「そぉねー。あ。知ってる?うちの新入社員くんたちはね、呼び名があるの。」

おばさまの目がおちゃめに輝いていますw

「え?呼び名ですか?」
「そう! 下っ端ーず っていうのw」
「したっぱーずwww わかりやすいですねぇw」
「w それでね。お花見のおでんとか煮るのは、下っ端ーずの仕事なの。」

素晴らしいw
おもしろすぎる。お隣さん♪
そして頑張れ、したっぱーず!
新記録!
9時半を過ぎても、いい感じでワカサギは釣れ続けました。
6本針を湖底まで降ろし、ちょっとだけ巻いて止めると、すぐに竿先が つんつんっ! と動きます。
竿をしゃくって合わせる。(餌突っついている魚を釣り針に引っ掛ける)
数回しゃくってから巻き上げると、6本の針に3~5匹が付いてくる。
こんなに調子よくっていいのでしょうか?
・・・つーか、一体どれだけのワカサギがいるんだよ?w

手漕ぎボートの時も調子のいい時間はあったけど、そんなに長時間は続かずによい場所を求めてウロウロするのが常。一箇所に固定されているドーム船なので、いくら調子がよくても限界があるだろうと思っていました。
・・・が、連れ続ける。
やがてちぼ太が眠くなりました。(朝早かったしね。)
手漕ぎボートでは狭いところに丸まって寝るのだが、今日はゆったり眠れる。しかも座布団使い放題w
その間も着々と釣り続けるchiboko。
ワカサギ

これは極一部のワカサギくんたち。

驚いたことに船のすぐそばまでやってきたヒトがいました。
白鳥

すっごくもの欲しそうな空気を発していたんだが、何も持っていず・・・。ごめんねぇ。

土曜日のお夕飯に作ったフキの炊き込みご飯をおにぎりにして持ってきていたので、
それを食べて釣りは続く。
もともと2時くらいにあがれば高速道路も渋滞しないだろうって話していたのに、
気が付いたらすでに1時半。相変わらずワカサギは釣れている・・・。
もったいないなぁ~という気持ちがよぎる。なかなかないからねぇ、こんな絶好調。
でも、まぁ。帰るか。結構釣れたし(何匹だ???)、ちぃも待ってるし。

で、帰ってきて冷凍の準備開始!
竹串に10匹ずつ刺すつもりだったのに、山中湖の今時分のワカサギくんたちは小さ過ぎた。
竹串では太すぎるっ。 で、楊枝に変更。5匹ずつのミニ串を作っていく。
2人で黙々と串刺しして、ラップに包んで、山を築いていく。

締めて403匹!
ちぼ家、過去最多でございます♪
ありがとう! ボート屋さんっ。

て、ことでボート屋さんの宣伝しておきますかね。すごくよいドーム船だったので、お薦めです♪
ドーム船外観

山中湖レストセンター 0555-62-1166

陸地のレストセンターが砂埃だらけでも、気にしない気にしないっw
船はきれいだー。
他のところのドーム船を眺めていたら、なんだかガラス張りの温室みたいになっていて、暑そうだった・・・。その点、レストセンターさんのドーム船はちゃんと屋根がある。普通に窓がついてるだけだから、必要以上に日焼けをしなくても済むと思う。
あと、山中湖はボート屋さんごとに使用水域を決めてあるらしいので、特にボート船のように固定されてしまう場合には、「よい漁場」のあるボート屋さんがいい♪ってことです。


新記録までの道のり
朝4時起床。40分後出発。6時30分、霧のたちこめる山中湖に到着。
目的のボート屋さんのドーム船は満席で乗れず、しばし湖畔に佇み岸を離れていくドーム船をお見送り・・・。
(※ドーム船・・・ワカサギ釣り用の乗り合い船。船の中に穴もしくは溝が開いていて、そこから釣り糸を垂らしてワカサギを釣る仕組みになっている)
さぁて、どーするか。
ドーム船は他のボート屋さんでもやっているので、すぐ隣に行ってみる。
・・・なんだか薄汚れたところだ。(失礼!)
でもお客さんはいる。
おじさんがひとりでバタバタとお客さんの相手をしている。
「ちょっと待っててね! 竿は持ってんの? あ、はいはい。じゃ、ちょっと待ってて!」
数人いたお客さんが出て行った。どうやら貸しきり船のお客さんたちらしい。
今日は晴天で暖かい、という天気予報のためか手漕ぎボートも何組かすでに釣り始めていた。
ちぼ家は寒がりだというのと、chibokoは初ドーム船! ということだったので、
今回はドーム船で釣ることにした。

時間が中途半端だったせいか、なんとドーム船のお客はちぼ家のみ!
貸切り~♪
もちろん後からお客さんが来るだろうけど、とにかく最初は貸切状態♪
10人用のドーム船で、土足厳禁。船内はスリッパに履き替える。
事務所の様子とは一変して、船はすごくキレイでした!(またまた失礼・・・)
chibokoは初ドーム船だったので他と比較しようもないのですが、
どうやらボート屋さんの愛情と創意工夫の溢れた船だったようで、素晴らしく使い勝手が考えられた船でした。確かに、とても釣りがしやすかった。
船内はこんな感じ↓↓↓
船内1

釣り穴は窓に沿ってそれぞれ5個ずつ、互い違いに開いている。釣る時はこんな感じ↓↓↓
船内2

写真いちばん手前の灰色の丸いモノがあるでしょ? これは釣り穴のフタ。走行時は閉めておくように、と書いてある。 穴、と言うよりも 『筒』 かもしれない。ま、ドーム船ごとにスタイルは違うらしいので。
もしも10人がそれぞれの釣り穴の前に陣取るとすると、結構狭くなるので、それでも快適に釣りができるような工夫がなされている。
釣り穴のすぐ脇に餌を置くための台が作りつけてある。そして釣竿を固定するための道具。
頭上にはちょっとした荷物を置ける棚。これらは全て木製・・・ということはお手製!?
そして釣り穴の上部の天井からはS管がぶら下がっている。
これは釣り糸を絡めず、効率よくワカサギを回収するための秘密兵器w
ワカサギの釣り糸は、1本の糸に針が5~10本等間隔に付いている。だから魚がかかって巻き上げてきても針の付いている部分は巻き取れない。外だったら船べりから吊るしたまま1匹ずつ上から回収していって、下のほうはボートの床に置いて回収する。が、魚は生きてますのでね。動くんですわ。と、針が糸に絡まったり、針と針が引っ掛かったり、と、まぁ思いもしないような事態が起きます・・・。
ですが、このS管に糸を引っ掛け、固定台に竿を固定することにより、魚のついた釣り糸がきれいに目の前に垂れ下がり、自分の両手は自由になるというわけです!
ワカサギ付きの写真を撮っておけばよかった・・・。

ドーム船はボート屋さんにひっぱられて、手漕ぎボードだったらなかなか行けないほど深場まで行き、そこでアンカーを下ろしました。
さぁ、あとは釣るだけです。ドーム船にはトイレも付いていますので、のんびり釣りができます。
後からお客さんが来る・・・と思って、2人でちんまりと陣取っていたら、ボート屋さんが
「もっと広く使う! 大丈夫だから。 これもこれも片付けて。ね? 広くなったろ?」
と、ぜーんぶ取っ払ってくださいましたwww
最初におじさんが道具の使い方を教えてくれた時から、ワカサギの食いがいいっ!
釣れます! 釣れてます!! これは爆釣の予感です!!!
「ま、9時半くらいまでは釣れると思うから。じゃ、がんばって。」
おじさんは去って行きました。

ところがどっこい。
9時半を過ぎてもワカサギはちぼ家を見放さなかったのですw

ってことで、「新記録」は明日に続く・・・。
さくら 桜 サクラ in ちぼ家
先日までは花桃を飾っておりましたが、さすがに花が終わり葉っぱが出てこなかったので終了となりました。
その後、花屋さんで見つけた桜の枝。
品種が書いていなかったんだけど、山桜っぽい感じです。
三分咲き程度の状態だったのが、順調に開花して今花盛り
毎日お花見 in House っていうのも、なかなかよいですよー♪
葉っぱもちょっと出てきてるから、枝ものとしてもまだまだ楽しめそう。

春はお花が豊富で楽しいし、気温もそこそこだから花持ちもよい♪
ひとあし早いお花見、いかがですか?

080320_1921~01


ほとんどって・・・
先日地上派初!で『UDON』やってましたねー。
しっかり見ました。
面白かったです♪

地上派の前にCATVでは何回か流していたらしく、ちぼ太は見ていたとのこと。
「え? chiboko、ほんとに見てないの?」
って、えぇ本当ですが・・・。 同じ家に住んでいながら、たまにこういうことがある。

さて、なぜか妙に気になったのが、いっちばん最初に出てきた字幕。
『この映画はほとんど事実に基づいて作られました』 みたいなのが出たのです。

ほとんど。
ほとんど?
ほとんど・・・。

まぁきっと、まさにその通りなんだろーけど、
でも 「ほとんど事実」 ってゆーのが、びみょーな表現だよねw

事実じゃないのは、キャプテンUDON がアメリカで映画になったことだろうな・・・。
音を愉しむ
やっと暖かくなってきましたねぇ。
日の出も着々と早くなってきました。

3月に入って、やっとこさ また歩き始めました♪
歩く時は、朝の5時に起きます。
手早く身支度して、5時15分くらいから約40分歩きます。
朝っぱらは猫たちも散歩しているので、結構楽しい♪
なんだかデブにゃんが増えた気がするんだけど? 気のせいか?w

chiboko的には、ウォーキングでもジョギングでも周りの音を楽しむのがいいと考えます。
用水路脇の道を歩いているので、水音が聞こえます。
たまに魚が跳ねます。
カモの泳ぐ水音もします。
遠くから車の音が聞こえます。
鳥の飛び立つ音がします。
自転車が通ります。
新聞配達のバイクがやってきます。
ジョギングする人の足音が追い越していきます。
少しずつ街が起き出してくると、なんとなくざわめきが聞こえてきます。
そんな いつも同じようでいて 同じでない 音たち。

自分の好きな音楽の世界に浸って運動するもよし。
でも、周りの風景や空を眺めながら、自然の音に耳を傾ける。
これも結構いいですよ。
続・ゴールドブレンド
で、ゴールドブレンドがえらく高いので、ちぼ太に申し訳ないと思いつつも
先日ついに切らしてしまった。

毎朝、新聞の折り込み広告をチェック・・・。

と!
ついにきましたっ!!
「398円」!!!

3月12日限定。
200本限定。
お一人様1点限り。

むー。平日だぞ。
帰ってきてからだと、すでに売り切れの可能性は大だな。
しかしこればっかりは仕方ないので、普通に会社から帰ってきた。
スーパーの食料品階に下りていく。
コーヒー売り場に直行!
さぁっ残っているか 否か???

あったぁぁぁぁぁっ! 398円って札も付いてる。
あれ? まだ幾つか残ってるじゃん。
みんなゴールドブレンド、欲しくないの・・・?

他にもいくつかお買い物してレジを通る。
お一人様1点とは書いてあったが、こんなチャンスは滅多にないから
できればもう1個欲しいー。
しかし、お一人様1点・・・。知ってるばっかりに知らないフリができない正直者chiboko。
でも、さっきまだ残ってたし。
もうすぐ閉店だし。
レジで2個以上を一緒に打たなければ、スーパーの人だって怒らないんじゃないか?
(客の希望的観測)

と、思案しながらコーヒー棚に向かう。
そこには


698円 と書かれた札があった・・・。


頭の中が『???????????????』。
つまり?


限りなく200本めに近いコーヒーをGetしたってことらしい。
ラッキー☆
ゴールドブレンド
ちぼ太は、インスタントコーヒーは「ネ○○フェ ゴールドブレンド」しか飲みません。
なので、chibokoはなるべく切らさないように買っておきます。

ゴールドブレンド、結構お高いですよね。
ふつーに売ってる時って、698円とか下手すると800円近くします・・・。(100g)
ちょっと安売りで、598円。
(前より確実に高くなりましたよねぇ?)

びっくりしたのは、実家に帰った時に「ゴールドブレンドって高い・・・」と話をしたら、
母が「え?あたしはいつも398円で買ってるよ」と・・・!!!
なぜに~? 物価が違う?? でも埼玉と言ったって、じゅうぶん都心通勤圏内よっ???

皆さんのところは、おいくらぐらいです?
死神の精度
久々に本をご紹介です!
以前にも伊坂幸太郎氏はご紹介しましたが、久々にまた同氏の小説を読みました。
「死神の精度」
いやぁ~。これもね、「やられたーーーー」って感じでした。

2007年2月の記事は「アヒルと鴨のコインロッカー」。
同年5月は「チルドレン」。
どちらも「うまいっ」と思いましたが、やっぱり伊坂氏・・・今回もうまいです!

「チルドレン」と似た形式で、短編っぽく簡潔した話が6編入っています。
主人公は一貫してまして、時系列に並んでいます。(「チルドレン」は時系列じゃなかった)

『千葉』というコードネームの死神が、『仕事』をしに人間界へやってくる。
死の予定がある人間の周辺に1週間前に現れ、接触し、「可」か「見送り」かの決定を下す。
死神といえどなぜかサラリーマンちっくで、彼らは情報部から最低限の情報だけを与えられてやってくる。
大抵の死神が簡単に「可」の判断を下す中、『千葉』は真面目に仕事をしようとする。
そんな死神の目から見た人間の珍妙さ。不可思議さ。
それは改めて私たちに「人間」を考えさせてくれます。

面白かった本は大抵の場合、2回続けて読みます。
今回も2回読みました。
また時間を空けて読んでみると、違った味わいがあるかもしれません。

とりあえずは、母に貸すかな。
うち(chiboko実家)は、面白かった本は家族中を回るのですw
落語と素話
ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

これでピン!と来た人は、「ちりとてちん」仲間ですな♪
3月いっぱいで終了ですねぇ。残念です。

さてさて。
「ちりとてちん」では上方落語の世界を描いているわけですが、
まー、上方でもそうでなくても素人にはその差はわかりませんw
「落語」というひとくくりで認識しています。
ケーブルテレビを見ていますと、たまに落語が流れてまして、
「ちりとてちん」の影響もあってチャンネル選択の手を止めて見てみることもあります。
若い落語家がどーしよーもない話を延々としていてがっかりしたこともありましたが、
(創作落語とも言いたくないよなぁ、あれは)
いい感じの年配の方が古典をやってた時は、思わず全部聞いちゃいました。

その話は「鼠穴」という話でした。
「ちりとてちん」で知ったことの中に、落語は笑い話だけではない、というのがあります。
落語好きの方にはごくごく当たり前のことなんでしょうが、素人の認識はその程度なのです。
「鼠穴」も笑い話というよりは、結構シリアスな話に終始します。
聞いていて感じたのは、
「落語は一種の素話(すばなし)だな」
ということでした。

素話(すばなし)、ご存知でしょうか?
絵本の読み聞かせ・・・これは皆さんご存知ですよね?
素話は「何も無い状態で話をする」のです。「読む」のではなく「話す」。
不思議なもので何も見るものがないと、聞いている方は話し手を見ながらもその話の状況を思い描きながら聞くのです。
「鼠穴」もそうでした。
兄弟のやりとり。兄からのわずかな資金で身代を築く弟の苦労。火事で蔵が焼け落ちる様・・・。
生き生きと目の前に繰り広げられる「鼠穴」の世界。
引き込まれましたねぇ。

「落語は話し手の技量も必要だが、聞くお客さんの側もその世界を描く力が必要だ。」みたいなことを「ちりとてちん」の磯村屋さんも話していました。
そして「最近のテレビ番組の『テロップ』は、”ここが笑うところですよ”と知らせているみたいで、嫌なんだ。笑うところすら教えてもらわないと、笑えなくなってしまうんだろうか?」と憂えてもいました。
その通りだなぁ、と。

聞く。
相手の話に耳を傾けて、聞く。何を話しているのか。
そして想う。
相手は何を考えているのか。

人間の持つ偉大な能力は「想像力」だと思う。

音の主
地下鉄のホームで電車を待っていたら、どこからか音楽が流れてきた。
なんだか懐かしいメロディー。この曲なんだっけ?
あ、そーか。

♪カッコー カッコー 静かに 鳴いてるーよ 森のなーか♪

携帯電話にしてはレトロだ・・・。
何処から聞こえてくるのかな?

♪ほーら ほーら かあさ・・・♪ (バタン☆)




売店の冷蔵ケースが開いている音だったw
ネックウォーマー
平地はどんどん春めいてくるのに、降るところはまだまだ雪が降ってます
今シーズンやっとこさ2回目のスキーに行ってきました。土曜日のはなし。

いつも同じですが、群馬県の奥利根スキー場。
(OKUTONEスノーパークって名前になってるんだよね、今はw)
この水上地域は特に雪が降りやすいんだが、今年は久々に多い!
雪があるうちに!ってことで、出動した次第。

さて、午後からゆっくりと出てサンセット券(午後3時~24時まで)で滑ろうと向かったのですが、
水上に近づくにつれて雪が降ってきました。
高速道路から降りたら、もう完璧な大雪景色。
しかもその日は風もやたらと吹いていた・・・。
スキー場に至っては、密度濃く雪は降りまくりw
これは寒いぞー。やばいぞー。
と、売店で目に留まったのがネックウォーマー。
ちぼ太と2人で即買い決定♪

装着してみると、なんと暖かいことよ!
毛糸の帽子と鼻の上まで引き上げたネックウォーマー。そしてウエアのフードもかぶって完全装備w
(誰だかわからん様相です)
奥利根はリフトが吹きっさらしの中を進んでいくので、寒いのです・・・。
でも今回はネックウォーマー様様のおかげで持ちこたえました。
サングラスが曇るので滑るときは口元まで引き下げてましたが。

斜面の下から容赦なく吹き上げてくる、雪混じりの強風にも負けないネックウォーマー。
今後のスキー生活の必需品となりましたとさw
雛祭り♪
女の子の節句、雛祭りでございます♪

うちはずーっと団地住まいだったので、七段とか五段とかのお雛様はありませんでした。
しかも姉妹なもんだから、次女のあたし用のお雛様は無かった・・・。
まぁ、あんまり欲しいとも思わなかったんだがw
しかし、おかしなもので、たまたま自分のお雛様を手に入れることになりました。
なぜか大学の時。友人が誕生日プレゼントとしてくれたのです。
(あたしの誕生日は2月なんだが・・・)

さて、今年はちゃんとお雛様を出しましょう♪
せっかくだから、ちょっとはお祝いらしくしましょう♪
と、雛ケーキを買いました。
雛ケーキ

これが私のお雛様♪(ちょっとピンボケ・・・)
可愛いでしょ? 紙細工なのよ、これ。

大きさはね・・・


雛比較



収納がとぉぉぉっても楽チンです♪


それは消費者に決めさせて欲しい
2007年12月19日の記事で納豆菌について書いたのですが、
その後(たぶん今年の2月あたり)の新聞に
「納豆菌を売りモノにした商品の信憑性やいかに?」
的な小さな小さな記事がでていました。

その記事を読んだ時には、 「そーか、似非モノが出回ってるのか。あたしが買ってるやつは、製造社名が違ってるから大丈夫だろう」 とか思ってたのですが、なんてこと!
本日届いた通信販売のお届け物に、納豆菌が入ってない!!!
納品書には 『販売終了予定』 とあった・・・。
そっかー。OEMだったんだね。

でもさ。納豆菌の効果は確かにあったよ。
科学的に実証が微妙・・・ってことで、製造4社に勧告だかなんだかしたらしいけど、
購入したい人がいるんだから買わせて欲しい。
これでまたカビが増えるじゃないかぁぁぁぁっ。

効果がなければ消費者は買わない。
消費者の継続的な購入があるか、ないか。これが一番確実な効果検証法だと思う。
だいたい納豆菌だよ? あたしが買ってたのだって、1個840円だった。
1億円の壺じゃないんだからさぁ。そんなトコで突っ込み入れなくたっていいじゃない!

またどこかで探さなくっちゃ・・・。
もちろん「納豆菌」って書いてあるからって効果があるかどうかは分らないから、
また『お試し』から始めないといけない。

効果がうんぬん言うのなら、大手化粧品会社の全ての化粧品を販売中止に追い込めっつーの!
と、声を大にして言わせてもらいたいところだ。
プロフィール

 ちぼ太 & chiboko

Author: ちぼ太 & chiboko
ちぼ とは?
「ちぼ家」に君臨する
シマトラにゃんこ  7歳 ♀


chiboko のつぃった~ユーザー名は
chibomi です♪
☆フォローお待ちしてます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。