*All archives* |  *Admin*

2008/04
<<03 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
New Comer
最近、敷地を越境してくる猫たちが増えてきた。
しかも人間を怖がらない。
たまにちぼ家のベランダにも侵入してくる。
が、基本的にはうちは くー の縄張りなので、餌はあげていない。
欲しそうな顔をされても、餌に困っている体型ではないからだ。

1匹の痩せチビ黒猫がやってきた。
結構痩せていたのと、その場に居た くー が、珍しく怒らなかったので、そのコには少しだけご飯を分けてあげた。
クリーニング屋さんに「黒猫は黒地(=黒字)だから、商売するヒトにはいいのよ」と教えてもらったこともあり、縁起を担いで仲良くしてもらうのもいいかな、とw
たまにしか来ないが、人懐こくてカワイイ♪
ただ小心者らしく、くー が近くに来ると 「うぅぅぅぅぅっ・・・」と唸る。くー の方はちっとも相手にしていないがw

さて、このチビ黒に呼び名をつけた。
その名は 『オロチ』。
雌なんだけどねw
理由は、尻尾の先が3股くらいに分かれているから。
比較的キレイな尻尾の持ち猫が多いこの地域で、このオロチの尻尾はなかなか珍妙である。
八股の大蛇にかけて、オロチと命名。
「オロー」と呼んでいるwww

よいお顔(&尻尾)が撮れたら、載っけますねー♪
スポンサーサイト
効果はあるのか?
電話が鳴った。
「はじめまして。●●銀行です。」
なんか声が硬い。知らない銀行名だし。なんだこりゃ?
そしていきなり銀行の紹介が始まる。
曰く、中小企業を応援するために立ち上げられたらしいんだが、


「・・・まだ知名度がございませんので、本日は録音テープによるご説明を」
がちゃんっ!


切ったのは、あたし。
日常業務に忙殺されてる中小企業の社員が、機械相手に時間を割くのか?
人間が相手ならまだしも、質問もできない機械を相手に?
●●銀行さんは、きっと大手様でいらっしゃるのでしょうね。(もしくは発想が大手並み)

録音テープによる営業電話。
通話代のみで人件費はかからず。
・・・でも、効果は???
いかがなものか。
続々 日頃の行いが・・・?
てなわけで、土曜日の朝は晴れていた・・・!
まー空が青くて日が照っていても、富士山が見えるとは限らないw
残念ながら下半分までの富士山を拝ませていただきましたー。

朝ごはんをしっかり食べ、もしかしたら富士山の全貌が現れるか?と、チェックアウトの10時までのんびりすることに。
そこで思い出した。卓球台は何処だ?
2階に「トレーニング室」とかかれている部屋があり、そこを覗いたら広々した空間の真ん中に卓球台が2台。
はじめて母とピンポンしてしまったw なんか変だったwww

トレーニング室にはベランダがついていて、晴れ渡った山中湖を一望できた。
ワカサギ船もバス釣りボートも出ていて、気持ちよさそう♪
結局富士山のお顔は拝めなかったけど、宿のおじさんに
「こんなに晴れるとは思わなかった。富士山は毎日違うからね。見えるとは限らないし。それにしても、ここまで見えるとは思わなかったなぁ」
と言われ、またまた得した気分♪

その後はまた曇り、風も吹いてはきたが、雨には降られず。
手作り体験のお店で母と一緒にトンボ玉を作り、
そのお店から500メートルほど離れた空き地で開催されていたディスクドッグトーナメントを眺め、
なかなか入る機会のなかった富士山レーダードーム館を見学し、
ちぼ家お気に入りの富士北口浅間神社をお参りした。

なかなか盛りだくさんの2日間。
終わってみれば、雨で困った状態には全くならず。

きっとみんなの日頃の行いが 「よかった」 ってことで♪

続 日頃の行いが・・・?
雨は容赦なく振り続ける。
平日の朝の高速道路を無事に通りぬけ、chiboko実家の出口を降りる。
幸いにも雨は小降りになっていた。

母との約束の時間に若干遅れてしまったが、無事にPick Up。
そこから圏央道に乗り、東名高速へ出て、いつもの山中湖へ向かう道に。
雨は強くなったり弱くなったりしつつ、山に入ると霧が立ち込めていたり。
山中湖に近づくにつれ、桜が美しく咲いていた。
予定の10時を数分まわって到着。
この時点では、雨は止んでいた!
すごいわー。信念は岩をも通す???

ワカサギ釣りの時期は、もうほぼ終盤だとのこと。
で、ドーム船は対岸近くまで引っ張られていった。
気温は8度。ドーム船の中でストーブを炊きながら、母も釣りに挑戦することになった。
雨は少し降り出し、やや強くなり、また音が聞こえなくなり・・・と気まぐれに降っている。
「おやつ、持ってきたの。」
母が取り出したのは、クッキーの詰め合わせとレーズンサンド。そして6本パックのジュース。
すごい・・・。気合入ってるw
ワカサギ釣りの餌はアカムシと紅サシ。どちらも生きてます。動いてます。
母は最初自分では触りたくなかったらしく、ちぼ太が付けてあげていた。
こういう場合、実の娘の方が強い。
「お母さん。自分で付けなさい。」
なかなか釣れなかったが、やっと1匹かかった♪
と、これまた自分ではワカサギを取り外せない。
魚には触れるはずだろーが。
でもその後、餌もワカサギもちゃんと自分でできるようになりました。

父は11時頃には来るはずなのに、なかなかやってこない。
電話も鳴らない。こっちから電話しても、運転中だよなぁ? と思って遠慮していたが、さすがに遅いっ。12時過ぎたよ?
電話しても留守電。やっと通じたら、「お前にもらった資料を、全部置いてきてしまった。何処だ?」って、お父さん・・・。
どうにかこうにか、ボート屋さんに送ってきてもらった父はびしょびしょだった。
雨はそうでもなかったんだが、どうやら陸地近くは白波が立っていたらしい。こっちは波もなく穏やかだったが。
「こりゃ、そろそろヤバイかな?」
と言いながら、せっかく来たのでしばらく釣りをすることに。
父もワカサギ釣りははじめて。
「こんなケッタイナ経験は、まぁ最初で最後だろー。」
とか言いながら、挑戦。
なんとか数匹Get。

そうこうしていたら、あっという間に3時を回っていた。
ちょいと風も吹いてきた。
「そろそろヤバイ。撤収、撤収!」
陸地にあがり、レストセンターさんの流しでワカサギの串刺し作業をさせてもらう。
ちくちくと5匹ずつ串に刺し、締めて58匹。ま、こんなものでしょう。
その間、人好きの父はレストセンターのおじさんと話し込んでいた。
後で聞いたら、この埃だらけのレストセンターを父はいたくお気に召したようで、
「いいなぁ~、あの空間」
と言っていたwww

さて、宿へ向かう。
HPで見た限りでは、実はそれほど期待していなかった。
値段から考えても「民宿」って感じだろう、と。
写真の写りもイマイチだったし、卓球台とかあったから、まさに民宿なんだろーなぁーと思っていたんだが。
ところがところが。
着いてみたら、こじゃれた保養所。元保養所に違いないっていう外観。
あらら。きれいだわ。しかも、天気だったら眺めがいいはずっていう立地。
お客さんは他にいるのかな?夕食は食堂にて、ということだから他に居ればその時にわかるねーと話していたら、なんと金曜日はうちだけだった。
貸切状態♪
最高でしたねw
母が思わず「明日はどれくらい宿泊されるんですか?」と聞いたら、土曜日は満室。
おぉっ。そうなのかー。お得感が倍増♪

そしてそして。
なんと翌朝。山中湖の空は青かった・・・。

<もう1日 続く>
日頃の行いが・・・?
実は、自分の親をどこかに連れて行ったことが今までに、なかった。
なんて親不孝モノなのでしょう・・・。

と考えたわけでも全くなかったんだが、両親を1泊旅行に連れて行くことになった。

たまたま山中湖でワカサギ爆釣だった日が晴天で、富士山がとてもきれいに見えたので、
母親に富士山をスケッチしてもらうのにとてもいいなぁ~と思ったのだった。
(母は絵を描く)
母を連れて行くなら、父にも参加してもらおう。父の住む豊橋からも、山中湖だったら遠くはあるまい。
(父と母は仕事の都合上、離れて暮らしている)
この計画は両親にとても気に入ってもらえ、
「おぃ、せっかくだから1泊しよう」
との父の一言で、宿泊ツアーに格上げとなった。
父、ちぼ太、chibokoはそれぞれ休みをGetし、金曜~土曜の1泊とした。

さて、問題はお天気だ。
富士山が見えるためには晴れてくれなければ困る。
週間天気予報をこれほど熱心に見たのは、きっと今回が初めてwww
1週間前から、金曜日の天気は「雨」。
まー、1週間の間に少しは変化があるだろう・・・。と思っていたのだが。
日にちが近づくにつれて「雨」が「大雨」の予報に変わっていく。
えーん。
宿はとったし、有給申請もしたから、雨が降っても決行するつもりではいたが、
「大雨」とは・・・。
「慣れないことしようとしたから、雨なのかなぁ・・・」と凹み気味のわたくし。

ずーっと天に祈りつつ、雨の降っていない山中湖のイメージを描きつつ、木曜日。
船で食べるお弁当の下ごしらえをして、早めに床につく。
もう、話をしても仕方がないのでちぼ太もあたしも天気については触れない・・・w
外は雨の音が響いている。

金曜日。
4時半に目覚ましをかけていたが、4時15分に起き出す。
おにぎりを握り、エビフライを揚げていると、ちぼ太が起きてきた。
暫らくして「chiboko-」。
どうした?
「山中湖、雨降ってない!」
おぉぉぉぉっ♪ 素晴らしいっ。 ライブカメラに嘘はないはず。
(でもうちの周りは雨ざーざー)

とにかく出発!
荷物を車に詰め込む。雨、激しすぎ!
まず母を拾いに埼玉方面へ。雨は容赦なく振り続ける。
ちぼ太の携帯で雨雲レーダーを見ると、雨の降っている範囲はほとんど関東になっている。
もしかしたら、山梨県は雨雲が抜けるかも?

大雨の中、大きな期待を乗せてちぼ家のパジェロは走っていく・・・。

<明日に続く>
符丁
その集団だけで通じる言葉って、自然発生的にできるものだ。

うちの会社の場合。
お昼に出る単語。
「Sさん。あたし、今日 『卵』 買いに行きますけど、どうされます?」

この 『卵』 は、オーバカナールというパン屋さんのタマゴサンドのこと。
おいしいんだっ♪ これが♪
オーバカナールのパンは、どれもこれもおいしい!
調理パンの場合は、具とパンの相性が考えつくされたバランスのよさに感動w
もちろんパンも具もそれぞれおいしいんだけど、そのバランスも大事なんだなぁ・・・としみじみ思ってしまうくらいの絶妙さ。

あともうひとつ。
冷蔵庫を開けて、そこにあるジュースを指すのに取引先の会社名を言う。
その会社さんが毎年、お中元お歳暮と同じオレンジジュースを贈ってくれるので。
しかもそのジュースは、あまり一般的ではない。
大手百貨店のお中元カタログでは見かけないシロモノ。
つまり、 「そのオレンジジュース=その会社」 という等式が成り立つのだw

そんなもんかなー。
いっぱいあると楽しいかもね。
ネーミングの妙
何か飲みたいなぁー、と思った午後4時。
スタバとかタリーズの気分じゃないし、100%ジュースって感じでもない。
炭酸飲料・・・でもないしなぁ・・・。
あ、ヨーグルトドリンク、かな?

とか思いながら、会社の隣のビル1階の酒屋さんへ。
しかし、酒屋さんにヨーグルトドリンクっていうものは、選べるほど豊富な種類は置いていなかった。
どーしよっかな・・・と思いつつ、目は並んでいる飲料群の上をさまよう。

と!
目についたのはコレ↓↓↓


080416_1610~01



目立つよぉ、これ。
白地に黒字。
なんてシンプルw 他の凝ったデザインたちを押しのけて、目立つこと堂々の1位!

しかも「やみつきになるミルクティー」w
思わず「そうまでいうなら試してやるか?」と挑戦したくなる。

飲んだ。


少なくともあたしはやみつきにはならないw
でも、とにかく1本は買ってしまったわけだから、ネーミング万歳ってとこでしょうね。

3月 → 4月
テレビ番組が入れ替わる4月。
NHKもアナウンサーが入れ替わった。
朝のいつもの顔が変わってしまったのはちょっと寂しかった。

3月までの若い2人組は、名前はちゃんと覚えなかったけど男性は確か北海道NHKから、
女性も地方局から、しかも入局数年めの大抜擢だったはず。
その情報だけ新聞紙面で見て、さてどんな女性(ヒト)が朝の顔になるのか?と期待したのが、
確か2年前。
「さすがNHKだ・・・。」と感心したのを覚えている。
緊張しているであろうにしっかりとニュースをこなしていた。
民法局の新人アナウンサーは、『新人アナ☆』って感じの危うさが伝わりまくりなのに。
で、まぁ好感を持っていたのだが、意外に早い異動だったのでびっくり。
彼女の「今日も1日、お元気で!」が耳に残る。
(その後、どこに行ったのかと思っていたら、今日(日曜日)の午前中に見かけたw よかった よかったw)

テレビ番組についてもひとつ。
ちょっとマニアックだが・・・。
「メイプルストーリー」も3月で終わりましたねwww
見てたのかって? えぇ、たまに。
日曜の午前中、なんとなくTVをつけていると出くわすことがあったのですよ。
最初の頃「メイポをアニメ? 無理だって。ストーリーなんてないじゃん。」と文句をいいながら
どんなものか気になって見たのが始まり。
その後は飛ばしながら、なんとなく見たり見なかったり。
ゲームとアニメは全くの別物でしたが、アニメはアニメでよかったと思うよ?w
どこに楽しみを見つけるか
この1週間、社長は海外出張だった。
出かける前に預かったものがある。
銀行の通帳だ。
留守中に入金がある予定だそうで、記帳しろとのこと。
まー、バリバリに個人的な用事ではあるが承る。

さて、予定は未定で不明で謎・・・?
週の頭にあるはずだった入金予定は無くなったとのことだった。
火曜日の時点では。
それが、水曜日にメールが入っていた。

『ちぼさんへ
金曜日の3時10分に記帳して、入金のある無しにかかわらず電話をください』

・・・。
すごい。この時間指定!
3時10分でないとダメなのか?www
そんなわけはないと分ってはいるが、「3時頃」とか「3時過ぎ」とかの表現ではなく
「3時10分」。
思わず会社の子と一緒に笑ってしまった。

そして、今日。
「ちぼさん! 3時10分ぴったりじゃなきゃ、だめだからねっw」
とか遊びつつ、時間は刻々と近づいてくる。
3時に会社を出て、近くのATMに向かう。
まー、3時過ぎて入ってなければ何時でも同じだと思うのだが。
とりあえず会社の通帳から記帳。2冊。
そして問題の通帳をATMに差し込む。

・・・。

記帳すべきものはないぞ、とATMが言っている。
すかさず時計を見る。
3時5分。
そっかー。じゃあ、3時10分にもう一度記帳しよう。
ATMのあるビルのお手洗いに寄って、すぐに戻る。
あ、3時9分!
3時10分という1分間の間に記帳せねばっ!
よし、間に合ったぞっ。記帳、記帳と。(←自己満足♪)

まぁ、この後どうなったかは割愛させていただくとして。

雑用といえば雑用。
でもどこかに面白さ (滑稽さ?) を見つけてしまえば、
結構楽しめるかも、ですw
ピヨピヨな一年生
新入社員であろう集団を、少しずつ見かけるようになりました。
最初は集団で見かけるんですよね。
カルガモの親子のように引率されてる一団だったり、
早々とお帰りになる同僚っぽい一団だったり。

さて、その一方で。

会社に営業さんがきます。飛び込み営業というやつですね。
人材派遣会社、銀行、仕出し弁当、ホテル、他いろいろ。
春が過ぎてGWが過ぎて雨音が聞こえるようになると、新人営業マンがちらほらやってくるようになります。毎年微笑ましく思うと同時に「頑張れー」と心の中で声援を送っています。

今年もそういうつもりだったのに。
今日は何日?
そう。4月10日。
1日に入社したとしたら、まだたったの10日。
営業日数でいったら、8日め。

女の子の営業さんがやってきました。
私は経理業務であるため、座席が一番奥。
なので今日も営業さんの対応はHさん(女性)がしてくれた。
切れ切れに聞こえてくるやりとりは、なんかいつもと違う・・・。
「あのね、自分のを先に渡すの。」
「ここら辺の会社にはたまに宗教関係の勧誘も回ってるから、はじめにちゃんと言わないと間違われるよ。」
とか、なんとか・・・。
「?」と思いつつも、女の子が帰っていくまで静観。

彼女が 「お忙しいなか、いろいろ教えてくださってありがとうございました」 と帰っていった後、
Hさんがつぶやいていた。
「あー・・・。コンサルティング会社って言った方がよかったかな。」
「どーしたの?新人さん?」
話を聞いてみると、どうやら彼女は「営業」を売りにきたらしい。
営業マンを派遣するのかと思ったら、コンサルティングで営業力をあげます、ということらしいんだが、
その説明もはっきりできなかったようだ。
何か書類でもあるのか、といえば何も持っていなかったと言う。
つまりは名刺を集めて来い、みたいなことらしいんだが、その名刺の交換の仕方すら教わっていないらしい。
「え? 教わってないって?」
「こっちの名刺を先に取った」
「・・・。」
なるほど、で、「自分のを先に渡すの」って台詞だったのね・・・。
ふたりで怒った。
女の子にではなく、女の子の会社に。

なぜ満足に鍛えずに外に出す?
新人さんのことをほんとうに考えているならば、きちんと鍛えたところでまだまだ足りない部分を
バックアップするために、扱いやすい資料をそろえて持たせるべきだ。
今日のような営業さんのかわいそうな姿を見ると、その会社の姿勢に疑問を持つ。
疑問どころか、不信感。
そんな会社にコンサルなんざ受けたくはない。
自分の会社の営業力を上げてから、ヒトの会社を心配しなさい。

でも、そんな会社に入ってしまったのだものね。
彼女以外にも 「?」 な会社に入ってしまった人もいるでしょう。
それでも選んでしまったのは自分。縁があったといえば、縁があったわけで。
がんばれ 新人
がんばれ ピヨピヨ一年生! 
産地偽装も甚だしい!
日曜日に山中湖に行って、
その後富士山の脇を通って海へ。
季節モノの桜海老を食べよう! とN漁港へ。

着いた時間はびみょーに午後4時とか。
早めのお夕飯のつもりではあったが、とりあえずそこら辺をふらふら見学。
漁港=おいしいお魚
おいしそうな干物をGetしよう、と期待していたのだが、ひと通りお店を回っても
私の手には何も握られていなかった。

「なんでだか、おいしそうなモノが無い・・・」
とは、ちぼ太の言葉。

一番はずれまで来たら、串焼きを焼いていた。
はまぐりとホタテの串を1本ずつ買い、焼き上がりを待っている間に
その隣のかんきつ類を眺めていた。試食を薦められたので食べてみる。
2種類あって、『黄金柑』 と 『はるか』。
なかなかおいしい。
静岡県産だという。
ちょっとお高いが、せっかくだからと購入。
で、串が焼けた。
串をその場で食べていると、1台のバンがやってきた。
荷台からみかん箱が運び出され、積み上げられる。

愛媛 はるか

・・・静岡県産じゃなかったんかいっ!!!
買っちまったから、返品はしないけどさ。

堂々たる産地偽装。
「果物は知っている。伊豆の太陽の力を・・・」って書いてあるが、
この 「はるか」 は知らないと思うよ? 伊豆の太陽の力は。 絶対。
ケータイ
ちぼ家は、2人の携帯電話会社が異なる。
お互いに電話番号を変えたくなかったんだが、番号持ち運び可になってもまだ変えてない。
・・・面倒くさいだけなんだな、きっとw

さらにchibokoは、今の端末でやっと3台目!
携帯を入手してかれこれ10年? ・・・くらいになるんだろーけど、でも3台目w
そして自分でも認めざるを得ないが、ケータイを使いこなしていない・・・。
もともとウォークマン(懐かしい・・・)が爆発的に流行った当時も欲しいとは思わなかった人なので、
今更電話機で音楽を聴こうとも思わないし、電車の中でテレビを見る趣味もないからワンセグにもきょーみが沸かない。
カメラは便利だけどね。わざわざデジカメを持ち歩こうとは思わないけど、電話で写真が撮れるのなら、道端のにゃんこがいつでも撮れる♪

そんなchibokoの旦那様は新しいもの好きw
最近端末を変え、薄さがchiboko携帯と同じくらいになってうれしそう♪
更にテレビの映りが飛躍的によくなってご機嫌♪
そしてテレビ番組の録画ができる! と気が付いて、早速録画。

「そんなの録っておいても、いつ見るの~?」
とか、言ってたのですが。
テストで録画したのが『ちりとてちん』の最終回の前の回。
小さな画面にものすごくきれいな『ちりとてちん』が映っています!
正直、びっくりしました。画面、きれい。音もしっかりしてます。
しかも後からわかったのですが、この回を撮ったのは重要でした!
なぜなら最初の音楽が最終回では流れなかったからです。(ずーっと見てると主題の音楽に愛着が沸くのです)

そしてカーナビのないちぼ家の車では、渋滞のお友達としてケータイが大活躍しております♪
あら こんなところ・・・
♪あら こんなところに ぎゅーにくが
  たまねぎ たまねぎ あったわね
    ハッシュードビーフ こんなにおいしく できちゃった♪

・・・なんでもありませぬ。
「こんなところ」ってタイトルを決めたら、どーしてもこの唄が出てきてしまったw
(メロディーライン、わかる?)

さてさて、本題。
特定の場所で本来聞こえるはずのないオトに遭遇すると、結構大きく驚きますよね。

時は今朝。
場所は通勤電車の中。
珍しく駆け込んだ10両編成の10両め。女性専用車両。
混み具合はゆるく、余裕で本が開けるくらい。
車内は穏やかだった。

そこに






『わんっ♪』





ひと吼えwww

車内の空気が、動いた。
でも女の人ばかりだからでしょうか。あたたかーい感じでしたね。
ワンちゃんも一声発したらそれでよかったようで、また静かにしていました。

電車の中で犬の声。
他の場所よりはびっくりしますね☆
特派員メモ と 実体験
~4月3日 朝日新聞 朝刊より~

特派員メモ【ローマ】
「@」何と読む

 ローマ在住の米国人記者が「あなたに送った電子メールが戻ってきた」と言う。
電話でメールアドレスを教えるとき、うっかり「@」を日本式に「アットマーク」と呼んだため、彼女はそのまま「@mark」と打っていた。英語では「@」を「アト」と読む。当然メールは届かない。
 このやりとりに支局のイタリア人スタッフは「間違いないようにキョッチョラって言えばいいのに」。
イタリア語でカタツムリのことだ。この国ではだれもこの記号を「アト」や「アトマーク」なんて呼んだりしません、という。
 それで思い出した。前に勤務していたロシアでは、みな「サバーチカ」(子犬)と呼んでいた。ロシア人がこの記号をじっと見つめると、頭を前に突き出して背中を丸めて眠る子犬に見えてくるらしい。
 アテネに住むギリシャ人記者に聞くと、あちらは「パパキ」(アヒル)だそうだ。今度は真ん中の「a」が愛嬌のあるくちばしに見えてくる。長いしっぽを持つとの見立てか、ポーランドのように「マウパ」などサルを意味する言葉で呼ぶ国も多いようだ。
 和製英語で呼ぶのは記号の元の意味を重視するきまじめさゆえか。想像を楽しみながら、独自名を考えるのも一興なのだが。 (喜田尚)

↑↑↑ 特派員メモは、世界各国で取材している記者さんたちが地元の味わいたっぷりの話を載せてくれるので、いつも楽しみにしている欄です。
今日のこの「@」については、私も体験しました。
海外からかかってくる電話の相手に、会社の社員のメールアドレスを伝えなければならない時に、
最初は「アットマーク」と言っていたのです。
まぁ、相手が「?」と思いつつも理解してくれていたようで、メールはちゃんと届いていましたけどねw
何度か同じようなことが続いていた中で、相手が「●●●アット?」と聞き返したか何かしてくれたので、「おぉ! これは『アット』だけで通じるのかー」と知ったわけです。

個人的には キョッチョラ が可愛いかも♪
日本らしい呼び方が何かないかな~・・・とは思ったんだけど、気の利いたヤツが思い浮かばなかったwww


春です♪
夜明けが早くなってきましたね。
5時過ぎですでに「朝」です。つい最近まで、まだ「夜」だったのに。

週2回くらいはウォーキングしようという目標を掲げております。
周囲が明るくなると、歩いている間にいろいろなものが見えるようになって
楽しいです。
今はお花がたくさん咲いているのがうれしい。
桜を筆頭に、いろんな色を楽しみながら歩けます。

さて、そんな中のひとつ。 これ↓↓↓
梨


何のお花かわかりますかー?
あんまり見ることはないでしょう・・・。あたしもこっちに来て初めて見たw

『 梨 』 です。

ここら辺は、一応梨の産地(?)らしい。
今年もおいしい梨が沢山できますように♪
プロフィール

 ちぼ太 & chiboko

Author: ちぼ太 & chiboko
ちぼ とは?
「ちぼ家」に君臨する
シマトラにゃんこ  7歳 ♀


chiboko のつぃった~ユーザー名は
chibomi です♪
☆フォローお待ちしてます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。