*All archives* |  *Admin*

2009/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
視聴率・・・
今日から 『ROOKIESー卒業ー』 が公開ですね。
気合いれた宣伝活動が、嫌でも(笑)目に、耳に飛び込んできますw
ドラマを好感をもって見ていたので、スクリーンで見なくてもいいや~と思いつつも、
ちょっとは見たい気持ちもありますねwww

さて、この宣伝活動の中で、いかにドラマの人気が高かったか という紹介があったのですが
「最終回視聴率19.5%」
だったそうです。

ここで ほー? と思った。
19.5%・・・きっとここ最近のドラマの視聴率からいったら、とても高いのでしょう。
ですが先週から始まったMR.BRAINの初回24.8%の数字を見てしまった後だったので
あらら、そんなもんだったっけ? と思ってしまった・・・。
おっかしーなぁ。

だって!
MR.BRAIN、期待ほど面白くなかったんだものっ。
それでもこの視聴率! さすがキムタク&ヒロくんですね。

連続ドラマは、視聴率が上がっていくことが望ましいですよね。
口コミで見る人間が増えていく。これが理想的です。
俳優の知名度に頼っていなかったROOKIES。
市原くんはずっと俳優してたけど、ブレイクは確実にROOKIESでしょう。
だからこその映画化です。(前売りの数は桁違い!)
ドラマが終わってからも、すくすくと育っていたROOKIESを感じます。

MR.BRAINと同じような感じで、ちょっと前の「ガリレオ」もchiboko残念賞でした。
福山さん久々のドラマという話題性と、原作が東野さんだといういわば保険付きで期待して見始めたんだけど、3回目にしてダウンしました。。。

きっと今日の放送を見て、MR.BRAINは見納めになりそうです。
ガクト出るからね。見てみようかと。
第2回目で、既にゲスト頼み(ちぼ家に限る)。
願わくば初回の2時間放送で感じた 間延び感 が、1時間放送では皆無になることを祈っております。


スポンサーサイト
ideas for
ぼくはスチームオーブンレンジのスチーブン。


昨日、電車の中で目に飛び込んできた広告の最初の一行。
(たしかこれでよかったと思う・・・)
ドア脇のスペースに貼られたその広告を思わず読んでしまった。
すべては最初の、この一行のせいだw

chiboko的には、ひじょーにツボにはまったwww

スチームオーブンレンジのスチーブン!

わざわざ色つけなくたって、わかるわなw

スチーブンはカタカナ職業の(具体的には忘れてしまった・・・)カナ子さん(だったかな?)と住んでいる。最近、カナ子さんのお肌の調子がイマイチ。で、スチーブンはカボチャとニンジンのサラダを薦めている。スチームオーブンレンジだと簡単に♪ できるらしい・・・w

見た目もキュートなんだけどね。スチーブン。
でも、なによりもネーミングの妙がwww

ideas for life ・・・っつーより、for commercial だな・・・w

プリズン・ガール
副題 ―アメリカ女子刑務所での22か月―

新潮文庫
有村朋美著

新聞を読む時に得る情報は、紙面のニュースだけではない。
広告からも得ている。
考えてみれば、新刊の書籍情報源は新聞広告だな。確実に。

今回PickUpの『プリズン・ガール』も、ハードカバー発売時の新聞広告で知っていた。
ふつーの女の子が、アメリカの刑務所に入れられた。
その獄中体験記。
その時は「ちょっと面白そう」くらいの感じだった。
たまたま本屋で物色していたところ、文庫になっていたのを発見。
平積みでないこの本を手にとった。

これが、なかなかよかったのです。
体験記。
彼女はものすごく客観的に、自分が過ごさなければならなかった獄中の2年間とその前後を記している。描いている、というよりも記している。
アメリカの刑務所のどえらくいい加減な部分や、理不尽な部分も淡々と書いている。
過酷な獄中のはずなのに、度胸があるというかなんというか。
たったひとりの日本人囚人でありながら、大半を占めるラテン系、アフリカ系だけでなくアジア系、少数の白人の囚人たちと友情を築き、人間としての彼女達の想いや苦悩も書き記している。

なかなか知ることのできない世界を垣間見ることができる本、としてお薦めできます。


お見合い♪
日曜日、お見合いのつきそいをしてきました。

ぃやぃや、仲人じゃないっすよ☆

お見合いしたのは
女性 → 人間
オス → 猫
です♪

女性のお写真はお披露目できませんが、
ハンサムBoyは こちらっ↓↓↓
ハンサム

かわいいでしょーっ!?
(ちなみに腕はあたしだw)

「猫、飼いたいんだけど。。。里親募集は、ネットに沢山あるんだけどできれば知り合いからのご紹介がいいかな、と思って。」
という彼女のお声掛けに、うちの動物病院からご紹介できました。
お見合い写真(猫)を見て、ひと目で気に入ってくれて
「会いたいーっ!」
ということで、お見合いセッティング。
すごくいい仔で、よく遊ぶけど、檻にも素直に戻る。
(ちぃさんとは雲泥の差だ~~~w)

すでにいつくか検査はしてもらっていて、あと血液検査で何も病気がなければ
おムコ入り決定です。
無事に一緒になれますように♪

コテン☆

おなか
「スラムドッグ$ミリオネラ」 を見た
「スラムドッグ$ミリオネラ」を見た。

ヒト様からいただいたチケットで。

漠然とストーリーを知っている人は多いと思う。
もっと知りたければネット検索でいくらでも出てくる。
記事としてストーリーを「正規の範囲」で載せているものから、個人のヒトの感想(バリバリのネタばれ)まで。

でも、私は
「観に行こうと思って調べるなら、『正規の範囲』で載っている記事だけを見る」
ことをお薦めする。

『正規の範囲』の記事は、むやみやたらと情報を押し付けてはこない。
他人サマの感想は、観た後で「なるほどなー。こういう見方や感じ方もあるんだ」と思えばいい。
同じものを見ても、全く同じように感じる人間は存在しないし、
同じものを見ても、あるモノゴトに気が付くヒトもいれば、眼中にすら入らないヒトもいる。
だから、できる限り 素 の状態で映画館まで行って欲しい。
そして、この映画を見て、他の誰でもない 「あなた」 が何を感じたのか。
それを自分の中で大事にして欲しい。

そんな風に思えた映画だった。

映画館に足を運ばなくなって、ずいぶん経つ。
今回も「観に行くなら選択肢の中に入る映画」だというのに、自腹ではきっと行かなかったんだろう。
ヒト様の好意で見させていただいてからこう言うのもズルイが、自腹でも見るべき映画だろうな。

映画館で映画を見る、ということ。
あえて足を運ぶその理由を考えると、「大画面で見る価値」があるか否か。
いや。。。違うな。「価値」じゃないな。
映画に入り込むことを可能にする場所が映画館なんだろう。

インドに行ったこともない私が、
もしかしたら本物のインドのスラム街には、まだまだ遠く及ばない映像であるのかもしれないが、
それでも
スクリーンの上に、
熱く、混沌とした、ごちゃまぜな、雑然とした、そしてどうしようもなく「生きている!」 街を見た。

スラム街の無数に連なるトタンの屋根、屋根、屋根・・・。
そんな映像は、今やグーグルアースで簡単に 上 から見ることができるのかもしれない。
でも、大勢の人々がひしめきあい、生活を営んでいる様々な映像の後に、
スクリーンいっぱいに映し出される 膨大な屋根郡 の3カットは、そのあまりに巨大な街を私の目に焼き付けた。
これは、「私の視点」。

きっと、あなたにも「あなたの視点」での、特別なワンシーンが見つかるはず。

もうひとつ、強烈に目に焼きついたシーンがあった。
あまりに残酷で、人間は恐ろしいイキモノだと震えてしまう。
実際には絶対にあって欲しくない行為。でも、きっと現実なんだろう。
これは生涯、私の中に残ってしまうかもしれない。。。

「・・・重い!」
観終わって、友人が最初に口にしたひとこと。
単純なラブストーリーじゃないよ。
単純なハッピーエンドじゃないよ。
あたしも友人も価値観が近くてよかった。。。

今回ストーリーを全く紹介しなかったのは、話の流れに意味を見出さなかったから。
じゃあ、どこに何を見出したのか?
・・・。
文章にするのはとても難しくて、
自分の言葉に落とせなくて、
いっそ何も書かないほうがいいのかも・・・とも思ったんだけど。
でも、伝えたかった。

受け取れるものが、確かにある。
それが「良い」「悪い」で、なく。
無理やり言葉にしなくて、いいから。

たくましくありたい。
優しさは強さだ。

ちょと幸せ♪
ちぼ家は、ちぼ太&chibokoの人間ふたりと、ちぼ(通称ちぃさん)1匹の所帯である。
個室なんぞというゼータクなものは存在しない。
2LDKをみんなで仲良く使っているw

そんな中でも、部屋の隅っこに机をひとつ置かせてもらっている。
北向きに。
一応、chibokoの勉強机♪ 
北向きは集中力が高まるのだ。(風水によると・・・だけど、多分ホント)

机の脇に、ちょうどはまるスペースがあったので、
そこにはこんなものが置いてある。
通常

昨日勉強机に向かっていたら、ちぃさんがやってきた。
ちぼ太が早くに寝てしまったので、リビングに1匹で寂しくなったらしい。
みゅ~みゅ~啼きながら(最近よくしゃべる)、ウロウロ・・・。
勉強机の上に乗って座ってはみたものの、広くないスペースではくつろげないらしい。
で、ちぃさんスペースを確保。
場所確保

・・・寝たwww

気持ちよさげにまーるくなって寝てくれました♪
しばらくしてから、ふと見ると





ドアップ


ぶっwwwww

これねー、ホンモノ見ると まじ ウケルんだけどw

2週間のお友達♪
先週と今週の2週間は、ひとりでコツコツと仕事をしている。
私ひとりだと電話の数も少ない。
静かだ・・・。

事務所に、音楽は流していない。
社長はBGMなんぞお嫌いなのだ。

しかし、ひとりだと本当に本当に静か過ぎて落ち着かなくて、
初日にロッカーからラジカセ(・・・っていうのかな?今ドキ?)を引っ張り出してきた。
(昔、何かで使ってたらしい)

でもねー。電波が弱いの。途中から音が波打ってきた~~~w
じゃあ、CDっていってもロクナモノ持ってないし。。。
一度気になりだすと、どーしても 音 が欲しくなるw

よし。インターネットラジオくらい、どっかでやってるだろう。

検索にいくつもヒットはしたが、流しっぱなしのラジオがなかなか見つからない。
ストリーミングのものがほとんど。しかも、『しゃべり』モノだったりする。
フツーにBGMを流しても、お金にならないからかなぁ・・・。

ヘコミかけたところに、「ふつーのラジオ」らしきサイトに辿り着いた♪
Suono Dolce (スォーノ・ドルチェ)
丸の内発信のラブソング局である。
朝からずーっとラブソングwww 音量はすごく抑えてあるから、ほとんど気にならないけどね。
知ってる曲(懐かしい系w)にだけ、耳が反応するー

Suono Dolce ←こちらから♪

思わず口ずさむのは 「天使のウインク」 だったりする・・・
こちらも釣れない・・・
先日はイカも釣れず・・・ヤマメに会いに行こうとも思ったが、行きたい川も無く・・・
ふと、前から気になっていた 手長エビ に挑戦しようかと思い立ち、
ちぼ太に提案してみたところ

「・・・だんだんオヤジっぽい趣味になってきたなぁ。」

と言われた・・・!
そうなのか? 手長エビ? オヤジっぽいの???
(私のイメージでは、子供もしくはファミリーだったんだけど)

で、行って来ました♪
関東ではこの公園での手長エビ釣りは、結構有名どころのようです。
都立M公園(はっきり公園名を書かないのには、わけがあるw)

仕掛けはワカサギ竿に、手長エビ用の仕掛け(針と浮きがついてる)。
餌はアカムシかな・・・と思っていたら、釣具屋のおばさんにサシでOKと教えてもらった。
お昼頃到着した公園には、沢山の釣り人がw
手長エビ狙いらしい人々も多い。(ヘラブナ、ザリガニ、タナゴあたりの釣り師があちこちに!)
もちろん公園で普通に(ボール遊びとか)遊んでいる人々も沢山いた。

とにかく始めてみる。
全くの初心者だから、アタリの雰囲気も分らない。(ネットで多少の知識は仕入れたけれど)
意外に早く、ツンツンっ! ときたっ。
これか? 何がくっついてる? 何かが針の先にいる!
決して深くない川のベタ底から針を巻き上げる間に、竿先は大きく3回はずんで・・・静かになった。
水面に現れた針に、獲物の姿はなし・・・。
そんなことが何回も続く。
何かは、居る。でも、釣り上げられない。

隣ではちぼ太が、なかなかアタリが来ない。
が、ヒットした! 何? 何? ・・・なに、これ?
小さな 小さな ハゼっぽいお魚。。。
ベタ底まで落とすから、確かにこの魚も釣れちゃうかもね。

風が強い日だったので、しばらくしたら体が冷えてきた。
風の当たらないところを探そうと、川を上流側まで移動。
水生植物がたくさん生えているところで、竿を出して様子を見始めたところ、
ひとりの男性が自転車で現れた。
しばらくこちらの様子を見ているようだったが、
「奥、いいですか?」
とやってきた。(川に面している道路部分が、そこは狭いのだった)
どうやら、タナゴ狙いの人らしい。

・・・全くアタリがこない。
んーーーー。居ないのかなぁ。
ちぼ太は、と見ると、いつものように人懐っこくタナゴ釣り師さんに話しかけている。
釣り師って寡黙のように思われるが、話し出すと止まらない人が実は多いwww

タナゴ氏(と呼ばせていただこうw)は、タナゴにはまって1年くらいだそうで、
とにかく 今、熱中! のヒトだった。
エビはこの付近まではまだ上って来ていないと教えてくれて、
タナゴ釣りを初めて見るので見学していいか?と聞くと快く承諾してくれた。
で、「釣って見せてあげないと!」と頑張ってくれましたw
タナゴって全体的に小さい。 ホントに、ヤマメとかが巨大に思えるほど、タナゴは小さい。
口も小さいので、もちろん使う針も小さい。餌も固形物でそんなに小さいものはないから、卵の黄身を塩で練ったものを注射器のような容器からちょっと出して針の先につける。
黄身だから水に入れればすぐに流れる。何度も黄身を付け直す。
結構、忙しい釣りだ。 アタリも小さいから、ちぼ家が2人ともわからないようなアタリも、タナゴ氏はしっかり見極める。さすがである。

メスは数匹釣れた。タナゴ氏はきれいなオスが是非見せたい、と言う。
ところが、オスはなかなは釣れてくれない・・・。
タナゴ氏もプレッシャーだが、ちぼ家も立ち去るわけにもいかずに申し訳ない気持ちになってきた。
オスよー、釣れてくれー。
メスはほとんどモノクロだけど、オスはカラフルなんだそうだ。
「釣れた瞬間、わかるんですよー。」
と教えてもらっていた。

あ、赤いっ!
確かに、釣れたその瞬間に 色 が動いた。
オス、げっとー☆
小さな小さな体に、いろんな色が同居しているタナゴ♂。
タナゴ氏、ありがとうございました♪
タナゴ
つ、疲れた・・・
慣れないことをすると、疲れるもんですね・・・。

毎日毎日数字を眺める日々で、数字のチェックを集中的にやる日とかはもちろん疲れるのだけれど、
今日は 文章との闘い の日だった。

ん~。。。疲れたーっ。

マニュアルを作ってた だけ なんです。
今まで、そんな作業にマニュアルだなんて必要ないっしょ? と思っていたし、
実際になくても、今まではメールや口頭での説明で理解してくれる人たちだったから。

それが、通用しないという事態が発生していた。
簿記の基礎的な処理なんだが、どーしても理解できないらしく、何度説明しても次の時には振り出しに戻ってる。
簿記以前のごく単純なことも、次回には戻ってる。
・・・
やる気あんのか、こらぁっ

毎回の説明メールに、結構な気力を込めてきただけに脱力感もひとしお。。。
でも、昨日の夜にハタと気が付いたのです。
「わからんヤツ用にマニュアルを作ってあげるという手法を、私はまだとってないかったじゃないか。」と。
「無くたって、できるっしょ?」
というのは、客観的にみれば自分勝手な言い草だよなー。
よし! いっちょ、作りますかっ。

伝えたい内容は今まで散々メールしてたからまとまってたんだけど、
いざマニュアルとしてキチンと書き始めたら、時間がかかること かかること・・・。
何度も目を通して、推敲して、できあがってみたら1日が終わっちゃったよ~~~

自分以外の人の目も通さないと、果たして本当に伝わるのか?ってこともあるので、
今さっきスタッフさんにFAX入れた。
むー。。。おつかれ 自分 
合格もらえるといいな。
でじゃヴー Déjà vu
この時間に更新・・・はい、気にしない 気にしないっw

地球の遠いところでは、赤いジュータンを人々が歩く大イベントが行われております。
(真似っこでなくて、本場ですw)

で、私はもちろんお留守番♪
ふつーに仕事はバリバリ進めております。
でも、職場はいつもよりもずっと電話の本数も少なく、もちろん来客だってない。

・・・ない。

はずだったんですが・・・。

どちらさま?
ひとりの男性がやって来た。
どーやら営業マンではないらしい。

「こんにちはー。」
「はい。」
「あの・・・○○さん(←社長)は。。。」
「今、カンヌです。」
「あっ!あ---、私何年か前にも同じコトやってましたね。」
そう! 私も差し出されたお名刺を受け取る前に、思い出していましたw
確か前回も、旅立ってすぐにいらっしゃったような・・・。

「デジャヴのように思い出しましたw」と笑いながらお帰りになる後姿をお見送りしました



イカが釣れない・・・
どうやらアオリイカ釣りには最適の時期らしい。
ということで、久々にイカを釣りに行くことにしました。

日曜なので朝早くに出て、昼頃にはあがる予定で。
行き先はいつも通り、熱海。
6時頃出発の予定が、夜中に目が覚めてしまったので4時半に出かけました。
GW後だからでしょうか。道路は空いていて、1時間程度で熱海に着いてしまいました。
と、あっちにもこっちにも釣り人が!
今まででいちばん多いっ。
釣りの季節なのですねぇ。

chibokoは、まだイカの釣果をあげられていません。
今日は釣れるだろうか・・・?
エギを数回投げた時、水中に白い個体を発見☆
目をこらすと。。。「イカだぁぁぁっ!」
しかも、1、2、3・・・4杯も!

でも、イカは賢い・・・。
追ってはくるものの、エギの動きをじーーーーーっと観察。
簡単には抱きついてくれません。
ひょいひょいっと動かすと、スーっと寄ってきて少し離れた場所でぴたっと止まります。
「観察中」と看板を掲げていそうな空気すら感じます。
そしてしばらくすると、スーっと離れていく。
「待ってー」とエギを動かすと、また様子を見に来る。
でもいちばん手前まで引いてしまったエギは動かす余地がほとんどなく、いつも釣果には結びつかない。。。

その後その4杯のイカは姿も見せず、結局本日もボーズっ
いつになったら釣れるのか~。
GW・・・?
ちょっと気を抜いたら、更新が滞ってました・・・。

GWもあっという間に過ぎ去りましたねぇ。
私のお休みはカレンダー通りってヤツでした。
それでも2日(土)~6日(水)まで5日間もありましたけど。

今回はちぼ太の実家にも帰らず、高速道路の観察・・・w
1日(金)の夜9時のニュースでは、
「予想ではこの時間から大渋滞ということだったのですが、ご覧下さい!すいています。」
とやっていた。
大騒ぎしてるだけあって、みんな高速道路を避けたか?と思ったが、
しかしそれは甘かった!
・・・2日の明け方(つーか、夜中)から混雑は始まっていたのですね。
2日の朝7時頃の高速道路情報は、あっちこっちマッカッカ
ちぼ太は突如、携帯で誰かに電話
「今、どこですかー?」
でも、その人はすでに目的地に着いていた! 賢いっ! 
(ちぼ太はちょっと残念そうだった。悪趣味ーーーー)

中日は空くかと思っていたが、結局毎日 朝 晩 と混んでましたねぇ。
3日に遊びに出たちぼ家は、帰りの中央自動車道の混雑を携帯情報で確認。
時間は19時前後。
家まで帰るその所要時間を全て足していくと
なんとなんと!

な、ななじかん!?

ありえんっ。。。どーすんだ。
ふつーに走れば2時間半程度のところが、7時間・・・。
いきなりちぼ太が
「書くもの、ない?」。
お食事のテーブルには、注文用紙に書き込むための鉛筆があった。
手元にあった紙に線を描き始める。
「これが中央自動車道。で、こっちが東名。
AからBまでが1時間。Bで降りて、下道で東名まで走って、ここから乗って・・・。」
ちぼ太下道知り尽くしの範囲内。
なんとかなりそうなルートを考え、いざ出発の20時半過ぎ。

実際に中央自動車道に乗ってみたら、少し渋滞が短くなっていたので
下道に下りる場所を少し先にずらし、どうしようもない区間だけ下道を通って再度中央道に乗る計画に変更。
「これで(高速代が)1,000円じゃなくて、倍の2,000円になった・・・。」
まぁ、背に腹は換えられん。
中央道と併走する国道20号をトコトコ走る。
うん。いい感じっ♪
・・・それが途中でいきなり詰まった。うぎゃあ。。。
地図を取り出す。(ちぼ家のイオくんにはカーナビなんて付いてない)
20号を迂回しつつ、どうにか20号の先に出られないものか。
関東の地図だからね。そんな細かくは載ってない。
途中からてきとーにw 走って、でもなんとか知った道に辿り着き、よく知った裏道をだだぁーーーっと走って高速に戻れました。
おうちに着いたのは24時ちょっと前くらい。
大したもんです。えらいぞ、ちぼ太っ。

翌日の午前中にちぼ太がせっせと作ったのは、
20号を使わずに、もっとずっと細い裏道を通る抜け道Map。
Webの地図を大きく大きくして細い道路を探し出し、何枚にも渡って作り上げた大作w
「早く、この道試してみたい♪」
「・・・次は渋滞してなくても、そこ通るの?」
「うんっ♪」

はい、はい・・・。
脳内地図を広げることも、ちぼ太の趣味のひとつでありますw

プロフィール

 ちぼ太 & chiboko

Author: ちぼ太 & chiboko
ちぼ とは?
「ちぼ家」に君臨する
シマトラにゃんこ  7歳 ♀


chiboko のつぃった~ユーザー名は
chibomi です♪
☆フォローお待ちしてます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。