*All archives* |  *Admin*

2010/02
<<01 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸福ロケット
本ネタ、続きますw

『幸福ロケット』
著者 山本幸久
発行所 株式会社ポプラ社
2010年2月5日 第1刷発行

・・・たまたまです。
「ミサイル」と「ロケット」が続いたのはっ。

これはタイトルをほとんど見ないで購入に至りました。
帯も読んでませんでした。
さらに言えば、裏表紙も。もし読んでいたら、購入してないかもしれませんね。
って。・・・購入のきっかけが毎回こんなに違うっていうのは、どーなんですかね。

今回は最初の数行で決めました。

『香な子(かなこ)には生まれつき、三つの不幸があった。

 香な子の誕生日はクリスマス・イヴだった。
 まずこれが第一の不幸である。』

ま、インパクトのある出だしではない。
何っていうわけでもないが、オトナ版児童書(?)系は結構好きなので、
それなりの”期待値”が購入動機ってとこですかw

で、その”期待値”は見事にクリアー♪
よかったです。えぇ。なんというか。。。
10歳、という年齢の人間をきちんと描き出しているなぁ、と。
担任の鎌倉先生は私好みの、子どもに媚びず、オトナぶらず、ひとりの人間として1対1で向き合う素敵な女性だし。
コーモリはしっかりしたオトコだし。
うん。思いがけず感動してしまったさ。ちょっと涙目・・・。てへっw

ここで、終わるのかと思ったの。
なかなか感動してしまう、そのシーンがラストだと。
でも。。。あれ?まだページがある。
じゃあ、山田(香な子っていうより、しっくりくるんだなw)とコーモリのその後かな?と思いきや。
最終章の『月食』。
山本さん(著者様)、この最終章にはどんな意味が込められているんですか?
初読の時は、主役2人のそばにいた2人のキャラに愛着があって描きたくなっちゃったのかな?とか思ったけれど
続けて読んだ2回目の後には、わからなくなってしまった・・・。
町野? いつからそういうことになってた? てゆーか、それは君の本心なんだよね? 無理してないよね? 幸せなんだよね???
んー。この最終章はわからん。
しかもこの本、解説がない。作者のことばもない。
自分で考えるしかないのか。。。

ま、その部分は置いておいて。

あの時代にはあの時代なりの、自分の精一杯で考えて、生きていた。
それを思い出せるような1冊です。

「そうよ。ユウキ。女は努力してきれいになるの。お母さん、すっごく努力したんだから」
「男は」とコーモリは自分の二十歳の顔を横目で見つつ、いった。「どうすればかっこよくなれるの」
「苦労よ」
母親の答えにコーモリはきょとんとした。


うん。
努力します。お母さんwww

【お断り】この本の主人公、山田香な子は読書好きで、中学受験のために塾に通っている女の子です。
私がこの人物像と重なる条件のため、物語に沿いやすく、その為に評価が高いという風にも考えられます。




スポンサーサイト
屋上ミサイル
久々の 「本」 ネタ♪

『屋上ミサイル』
著者 山下貴光
発行所 株式会社宝島社
2010年2月19日 第1刷発行

読後感を書くのは、おススメしたい本と出会った時に限るので
前回から今回までの空白期間は
本を読んでいなかった or またつまらぬモノを読んでしまった・・・ ってことだw

さて、この本はすごく珍しい買い方をしました。
そもそも本を買う時は、まず平置きを眺めてタイトル、表紙の印象から手に取る。
そして最初のページを開いて、出だし数行を読む。
「よさそう」と感じると、裏表紙のあらすじを読む。
ここまでで違和感がなければ、購入。って感じ。
ですが。
今回は1ページも開かず購入をほぼ決定。
さらに受賞作は避けることが多いのだが、この帯にはしっかり「『このミス』大賞受賞作」の文字。
では何故買ったのか?

「今日から俺たちは屋上部だ」

この一行ですね。帯に書かれていた、この一行。
決まるときは決まっちゃうのです。たったの一行で。
さっさと手にとってレジへ・・・と思ったら、表紙に 上 の文字が!
え。上下巻かぃ?
手に持っている「上」はさほど厚みはない。。。
なんだよー。1冊にしたって無理のない量だろーがっ。
でもこれまた非常にめずらしいことに、この瞬間、ほぼためらうことなく上下巻の購入を決定しました。
偉大なる一行、ですねw

さて、中身ですが。
うん。悪くなかったですよ。
会話がとても小気味よくて、読み始めて「おぉ。楽しいぞ♪」と思えました。
あちこちで出てくる国重の言葉が、一本芯が通っていて好きですね。
屋上部員のキャラが立っていて、なかなかよいチームワークだし、楽しいです。
上下巻に分かれているのは不自然でなく、分かれていて正解なんだと思ったし。

だがしかし。
いろいろな人や事柄がつながっていくんだけど、そのつながり方は
「おぉっ!そうだったのかっ。びっくり!」
・・・って感じでは・・・ない。 それが残念。。。
話の流れに身を任せていると、あー、こいつがまた出てきたー。 って感じでなんとなくズルズルと押し流されていくと全員がいつのまにか吹き溜まりに溜まっているというか・・・そんな感じですw
結果オーライ、よかったよかった。てな雰囲気でして。

よかったなー、と思った本は続けて2回読みます。
なぜなら1回目は興が乗ってどんどん進んでしまい、下手するとちょっと飛ばした部分があったり(しかも飛ばしたことに気が付いていない)するので、2回目でほんとうに全部読んだって感じなのです。
で、今回も2回読んだのですが。
残念ながら、2回目はそれほど熱心に読み込めませんでした。
よかった本は大概2回目も1回目と同じ集中力を持って読破するのですが。
それができず。。。残念だったなぁ。

時間を空けて読むと、また違った感想が持てるのかもしれません。




小さいけれど大きな変化
くーさんは昨年の10月のお引越しで家猫に昇格した。
(無理やり連れ去り・・・とも言うw)

そんなくーさん。
人間にもだいぶ慣れて、ホットカーペットの暖かさも学習し、夜には人間の近くでもくつろぐようになった。
でも抱っこはできない。
抱き上げると体がこーちょくw

朝はご飯が欲しくて、着替えている間も顔を洗っている間もずっとchibokoのストーカーw
起きたばかりは室温が低いので、ガスストーブを点けてしばらくぼーっと温まっている。
その間も周りをウロウロ。
膝に乗ってきたりはしない。
あくまでも 周辺 をウロつく。
それを見ていると、手を出したくなるものだw
手を伸ばして頭をなぜたり、尻尾を触ったり、無理やり抱っこして胡坐の上に乗せてみたり。
でもすぐに逃げ出す。
それがくーさんなのだ。

ところが、今朝。
胡坐の中に入れると、そこでおもむろに毛づくろいを始めたのだ・・・!
わー わー わー。 毛づくろいしてるー♪♪♪
テシ テシ テシ・・・。
わー わー わー。 まだやってるー♪♪♪
チラっ (上目遣い)
目、合った! 
テシ テシ テシ・・・。
あ。逃げ出さないー♪♪♪

しばらくして当たり前のように降りて行った。
ちっちゃいけど、大いなる前進!!!
昔とった杵柄
先週は日本海側や群馬県辺り、とても雪が降っていましたね。
関東に強い風が吹いていると、
しかもその風が冷たいと、
「あ~、雪が降ってるんだな」
と雪のにおい(?)を感じるようになりました。(ちぼ太の影響ですね、きっと。)

昨シーズンは、スキーに一度も行くことがなく終わっていましたが、
さすがに2シーズン飛ばすのはまずいよなぁ・・・とふたりとも思っていたようで、
まずは1月30日。上越国際スキー場まで足を伸ばしてまいりました。
すっごい頑張って4時に起きて出かけていったのに、環八からものすごい車の量。
関越もいっぱい・・・。
途中から下道に降り、また乗り、辿り着いたのはお昼。
ちぼ太おつかれーーーー。
お天気がよい日だったので雪質が心配でしたが、ちょっと溶けてるけど柔らかい状態で滑りやすかったw
上越国際は、ちぼ太は初。chibokoは2度目(よく覚えてないんだけどね)。
結構な人出で、広い割にはあちらこちらに人がいる。
つまり滑るのが 「人を縫う」① 状態になる。
しかもゲレンデの全体像が広いと、地図を見ていても迷子になるwww
そして 「思ったよりも斜度がある傾斜に出る」② ことになる。

上記①と②の条件が重なると、ちょっと嫌なわけですw
久々にスキー板をはいた者としては。
ですがっ。
なんとかなるもんです♪
おぉっ。滑ってるじゃん、あたし!

昔とった杵柄とはよぅ言ったもんですw
学生のうちにとっとくもんですな。杵柄は(←←←Message for しるーらwww)

次の週も連続で出かけるとは思ってなかったんですが、冒頭に書いたように1週間雪が降ってたものですからついつい奥利根まで行ってきました。
今度はお昼に出て、サンセット券です。
すごく降ってましてね。
この10年で一番降ってたんじゃないでしょうか。
関越の赤城を過ぎたところから降ってるんですよ! しかも高速道路の路面が白い!!!
これは大変ーと思っていたら現地はもっと大変で、一般道で水を撒いているところはもうジャブジャブで、普通乗用車だと泳いじゃうんじゃないだろーか?ってところもあって。。。

まだ4時前だったのにたくさんの車とすれ違ったのは、きっと朝から組が大量の雪で疲れたからだろうと推測しました。スキー場はすごかったです。パウダースノーじゃんじゃん降り続ける粉雪。
メインバーンの中央部はだーれも滑ってないから、真っ白な雪面。
・・・で、埋もれる。
ずぼっとwww
くるぶし埋没。
「chibokoはあっち(リフト沿いでみんなが滑ってるから固まってる部分)で滑りなー」
と言われ、おし 行くかーとストックを突いたら、これまたずぼっとw
地面がなーいっ。そこまで埋もれてどーするっ!

えー。しかし。
新雪は楽しいですが、体力を奪われます。
実はちょっと胃の調子が悪くなったというのもありましたが、そうでなくてもかなりの体力を奪われました・・・。
途中からレストハウスでひとり休憩。。。んんーーー気持ちわるぃ。。
ちぼ太とお友達には雪の中でいっぱい遊んでもらい、近年でいちばんの大ヒット♪というお友達の評価をいただきました。
よかった よかった

今年はもう一回くらい行けるかな?
ほそーくながーい趣味として重宝な 昔とった杵柄 


膀胱炎・・・
猫はあんまり病院にかかることはない。
犬みたいに骨折とか、異物を飲み込むとかしないしー。

・・・と、思っていたら。ら。ら。ら?

ちぃさんがおかしい。
トイレが(小さい方)すっごく チョビット になった。
んー? なんかおかしいぞー?
しかも頻繁。
チョビット が いっぱい。

で、うちのスタッフに相談した。
すると即答!

ぼーこーえん です。

お?膀胱炎・・・。

今年は寒いですから、多いですよー。

確かに引っ越してから、ちぃさんのトイレの位置が変わっていた。
台所の脇のサンルーム。
サンルームって言ってはいるが、北側だし、スペースとしては出っ張ってるし(元・ベランダだったらしい)で。。。寒かった。。。
ちぃさん、寒くておトイレに行きにくかったらしい。
かわいそうなことをした・・・ごめんよー。

膀胱炎はお薬で治る。

1日1回でいいお薬と、2回のお薬があります。

どう違うの?

1回のお薬は苦くて、2回のお薬は甘いです。

苦い、甘いって・・・先生わかるの?

薬はぜんぶ味見してます。とーぜんですっ!

失礼しました~~~っ。

オレンジ色の粉薬が2週間分処方された。これを処方食(缶詰)と一緒に食べさせろという。
好き嫌いのはっきりしているちぃさん。缶詰食べるかなぁ・・・。
結果、最初の数日は心を鬼にして処方食を出したものの食べたがらない。
仕方なく朝だけ処方食にして、さらに手で口元まで運んでやって、やっと数口。。。
とにかく薬を食べさせなければ仕方ないので、2週目は朝夕ともに市販の缶詰に薬を混ぜて食べさせた。

そして、もちろん!
トイレは暖かい部屋(=居間!)に移動。
・・・居間には置きたくなかったんだけど、彼女たちの健康を考えれば背に腹は変えられんっ!

おかげさまで、なんとか。。。
1日2~3回のトイレ回数になりましたー。
元気がいちばんっ♪





プロフィール

 ちぼ太 & chiboko

Author: ちぼ太 & chiboko
ちぼ とは?
「ちぼ家」に君臨する
シマトラにゃんこ  7歳 ♀


chiboko のつぃった~ユーザー名は
chibomi です♪
☆フォローお待ちしてます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。