*All archives* |  *Admin*

2010/03
<<02 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
借金取りの王子 ―君たちに明日はない2―
さらに続きます「本」記事w

借金取りの王子 ―君たちに明日はない2―
垣根 涼介 著
株式会社新潮社
平成21年11月1日発行
平成22年1月15日5刷

はい。ひじょーに珍しいことに、1回読んだ時点でここに書こうとしています。
確実に2回目を読むつもりでいながら。

今回の購入動機は『タイトル』でした。
「借金取りの王子」! インパクトありまくり。しかも「君たちに明日はない」。
ドラマでリストラものをやってるのは、知っていました。
でも題材が題材だし、全く見る気にならなくて、一度も見てませんでした。
この本の帯にしっかり写真入りで入っていたので「げっ。このドラマか・・・」とは思ったものの、
タイトルに負けました。しかも1話めが「2億円の女」。これまたタイトルが素晴らしいっw

2、とあるので じゃあ1から読むか? と思ったものの、本屋さんは意外と気が利いてなくてそばに1が置いてなかった。まぁ、いいやーと購入。結果として、物語を読む上では2からでも問題はなかった。

5File入っていてどれもよかったが、やっぱりタイトルを飾った
File3.借金取りの王子 がよかった!
あ~、久々に目頭があつーくなりました。
本当に。
じーーーーーーん・・・ときます。
かっこいいぞ美佐子! 人間生れ落ちた境遇は自分で選択できないけれど、その後の道は自分で選び取ることができる。
これだけ 格好いい女 は浅田次郎さんの金ぴかシリーズ2「血まみれのマリア」に出てくる阿部まりあ 以来だ!!!
王子こと宏明も芯の強い男で、どうやら見ためも優男ちっくでカッコイイらしいんだけど、でも見た目なんか置いておいて、しなやかな強さを持つ格好いい男です。
泣いたっていいんだ! 男だって。
泣きながら自分の好きな女を守ろうと必死になる男。それもまたよし!

い~や~。
おそらくドラマとは全く違う原作。(ドラマのWebみたら、似ているだけで全然違う感じだった)
主人公の真介だって、阪口憲二さんのイメージじゃないもの。

ぜひ、原作を読むべし!
File3だけのために買うのでも、ほんとに価値あると思いますよっ。


スポンサーサイト
原宿団地物語
続けて本を読んでますw
しばらく読んでなかった反動ですかね。。。

原宿団地物語
ヒキタクニオ 著
株式会社徳間書店
2010年3月15日 初刷

原宿団地・・・ほんとうに実在するんですねぇ。
ありそーだなぁ。確か古い建物があったような気はするけど、そんなベタな名前の団地なんだっけ?
とか思ってたら、ちぼ太があっさりと
「あるよー?」
え?じゃあ、キラー通りっていうのも
「あるよ。」
・・・そうなんだねw

chibokoは元々団地っ子です。
ずーーーーっと団地に住んでました。えぇ、マンションじゃないです。
公団の団地。
それが今回の購入動機なんでしょうねぇwww

短編が8つ入っています。
8つを通して登場するのは63歳の小曽根さん。
毎朝団地内を竹箒で清めている。
すごく新鮮だったりとか感動したりとかっていう話たちではないんだけれど、
あぁ人は皆、それぞれにいろんな物語があるんだなぁ、と思わせる話たちです。

この本は1回通読しただけです。
もう1回読むことはあるんだろうか・・・あたし。
誘拐ラプソディー
最近は本を読んでますなw

『誘拐ラプソディー』
荻原浩 著
株式会社双葉社
2004年10月20日 第1刷発行
2010年 1月21日 第25刷発行

なかなか素晴らしい勢いで発行してますね。

ここ数回の「本」記事を通して、自分がどうやって本を選択しているのかを改めて気にするようになりましたw
今回も平積みからでした。
タイトル →→→ 普通
帯(表) →→→ げ。映画化すんのかー・・・。
帯(裏) →→→ 「おもしろい小説が読みたいけど、何を選べばいいのかわからない、と悩んでいるなら、まずはこの作家の本を手に取ってみてください。うんぬんかんぬん・・・」 う~む。説得力ないどころか・・・買うの止めようか。。。?
最初のページをめくる →→→ 1ページの真ん中に小さく2行



地図から消えてしまった
我が故郷、大宮市に



よし。買おう!!!w
この2行です。私を動かしたのはwww
埼玉県民を10年以上やってましたからね。親近感はあるのです。

さて、中身。
えーと。そうですね。うん、悪くなかったんじゃないですかね。。。w
映画にはしやすいかも。

読み終えて。
きっと伊達秀吉はきちんとオツトメを終えて出てきて、頑固な親方の元に戻って今度こそまともに仕事と向きあうようになって、その頃にはもう少し大きくなった伝助と再会してSLを見に行くだろう。
きっと。
だってふたりは約束したから。
約束は ― 守るためにあるんだ。

時に小説は、最後のたった一行に辿り着くために、膨大な前置きを必要とする。
(ま、でも前置きは前置きで楽しめるんですよ?)
ん~、でもやっぱり まぁまぁ だったかなー。

いつものごとく2回続けて読み終えて、それからカバーの下になっていた表紙裏を見た。
「97年『オロロ畑でつかまえて』で第10回小説すばる新人賞を受賞し、・・・」
おっとぉぉぉぉっ!
荻原さんって『オロロ畑』の人だったんだ?
あらーーーー

『オロロ畑』の方が面白かったよーーーー。

 
さくららら~
春ですねぇ。
風はまだ冷たい日もあったり、日差しがしばらく拝めない日が続いたりもしますが、
でも
春がひたひたと・・・いや、ひたひたじゃ暗いですなw
春がぽてぽてとやってきています。

梅の花が咲き終わり、ソメイヨシノではない種々の桜たちがあちらこちらで花開いています。
この数日でハクモクレンが一気に存在感を増してきました。
先日はふっと沈丁花が香りました。
木々の芽が萌え始めています。
昨日の日曜日は今シーズン初の釣りで山に入ってきましたが、全体があわ~いあわ~い黄緑で、これからの1、2ヶ月は訪れるたびに濃くなっていく山の緑がとても楽しみです。
楽しい♪
春はすべての生き物が動き始める、そのパワーが好きです。
この季節は毎日同じ通勤路であっても、毎日何かが違う。きょろきょろしながら歩いています♪

さて毎年のことですが、お世話になっている美容室さんがまた1年無事に生き延びましたw
2月に独立・開業したので、最初の年はふつーにアレンジメントをあげて、去年は花桃(桃の花ね)を持っていきました。毎年同じ時期だと、お花屋さんに置いてある花の種類も同じでつまらないので、今年は1ヶ月ずらしで持って行くことにし、金曜日の夕方にお花屋さんに行きました。
枝モノが欲しかったのです。私も好きだし、私の担当さんも枝モノが好きだと言っていたので。

店頭には・・・枝・・・これって、ボケの花?
ボケの花は可愛い形だし個人的には好きだけど、活けるのにはちょいと形がなぁ。。。と思いつつ、お店の方に
「枝モノってありませんか?」
と聞くと
「あぁ。桜とか、ありますよー。」
とあっさり奥から持ってきてくれたw
なんだ。隠し持ってるのかww
ちょっと濃いピンクのトウカイザクラ。よし、これに決定!
トウカイザクラと黄色のフリージアを束ねてもらって、担いでいったらえらい喜んでもらえた
うん。やっぱりお花はいいねぇ♪

人サマに差し上げたら、無性に自分の家にも飾りたくなったw
駅前で初めての花屋に立ち寄る。
ここでもサクラは奥から出てきたwww
トウカイザクラより少しピンクの薄い彼岸桜。
同じくフリージアの黄色を加えて ♪るんるん♪ とおうちへ。

ちぼ家、ただいま桜満開
桜1

桜2






ホワイトデー
1ヶ月前にチョコレイトをもらった男性諸君、今日は何の日ですかー?
「でも、日曜日だもん」とか、言わないっ。
1ヶ月前のその日も平日ではなかったさー。

通信販売でチョコレートを買うようになって何年か経つ。
買出しに行くと、混んでるし、気に入るものが見つかるとは限らないし。
今年のバレンタインデーも ちぼ太用 社長用 会社の人(女性)用 をさっさと購入。
宅配で届くので受け取りは会社の住所にしておいたら、1月の最終週には届いた。
はやーい。
・・・遅いよりはいいけど。
見つからないように隠しておく。

14日の前の金曜日にでも渡せばいいかっ、と思っていた。
ら。
その前の週の半ば辺りに、夕方、なんだかウロウロしている社長・・・。
「何か(食べるもの)なかったっけ?」
・・・お腹がすいたのですね?
あ。そうだ。
「甘くてもいいです?」
うん、と言うので
「かなり前倒しですけど。」
とチョコレートをあげたw
12個の和風チョコレートアソートだったので、それから数日かけてチョコチョコと小腹を満たしていたようでしたwww

社長からお返しをいただくことは、最初の年であきらめました。
もらってとーぜん。お返しは・・・忘れるのか、する気がないのか。
とにかく「もらえないもの」と認識していたのですが。
今年はなぜか
「ホワイトデーってのは、いつなんだ?」
とw
「3月14日ですよー。」
「あ、日曜日だw」
「・・・バレンタインデーも日曜日でしたけどね?」
「・・・。」
それで終わりか? と思っていたら、またしばらくして
「ケーキと大福とどっちがいいんだ?」
「ケーキ!」
即答・・・。
こういうのは深く考えてはいけないw
カワイラシク喜んで見せるべしw
そうか。ケーキか・・・とかなんとかつぶやいてたなーと片耳で聞いていた。

で、社長が帰り、自分も帰ろうとして社長の卓上予定表を見る。
(外出や来客の予定とかね。チェックしておくのです。)
ペラペラとめくり、3月12日。



ケーキ




思わず爆笑www

で、先日の3月12日。
ちゃあんといただきましたよー。
ホテルオークラのモンブランケーキ♪
美味しかった
冬季オリンピックをめぐるあれこれ
冬のオリンピック。
今まであまりTVを観ていなかった。長野の時でさえ。
それが今回のバンクーバーは、時差がある割には実によく観ていたw
土・日はずーっとつけっぱなし。
平日も帰宅してからNHKをつけっぱなし。
開会の前にNHKでジャンプのアマン選手やスケルトンの越選手についての特集を組んでくれていたのを見れたのも、
本番を見る楽しみを増やしてくれました。

カーリングはとても面白かった!
思わず見入ってしまったw 一度でいいから、ためしにストーンを投げてみたいっと思ったのは私だけではあるまいwww
ものすごい いい 試合が多くて、たとえ日本のストーンが弾かれた時でも、その投げが素晴らしいと思わず拍手をしてしまう。
もうメダルは脇に置いておいて、絶妙なそのプレイに拍手!だった。
フィギアスケートは注目の的だったけれど、「もう騒ぐな!」の気分だった。
ひとりひとりが自分にできる最高の滑りができること。それを願った。
誰それに勝つとか負けるとか、抜くとか追いつかれるとか。そんなんじゃなくて。
勝負は順位がつくってことだから、各人の最高の滑りでもって評価されて欲しいと祈った。
思わず涙しそうになったのは鈴木選手の滑りだったけどね。
・・・できれば五輪はあまり重々しかったり重厚なものではなく、楽しく♪っていうのを希望しますがwww
最後の土・日曜日。
なんだ?この競技・・・。
3人の人間が連なってアイスリンクを滑っているー。
しかも3人は仲間だ???
そこではじめてパシュートなる競技を知った。
これが思わず見入ってしまうw わかりやすい勝敗。短時間で決まる勝負。
しかも日本勢、がんばった!
みんなみんな、頑張った! よかったですっ。 

メダルの数は、とやかく言われることだけれど。
みんなが知っている。
国がお金をかけてひたすら頑張った国はメダルの数が増えるということを。
都知事である石原氏も知らないはずがない。
なのにどうして。
選手を傷つけるような、応援し祝福した日本人たちをバカにしたような発言をするのですか?
自分は五輪の招致(冬じゃないけどね)に失敗したクセに。。。
失敗を「裏で政治的な動きがあった」とか言い訳するし。
政治的な動きはあるんです。
それは、その世界では 当たり前 なんですよ。
素人の私でさえ知ることができる情報にアクセスしなかったのは、東京都のミスです。はっきり言って。
五輪を招致する活動のプロが書いた本をたまたま手にした時があり、
その地味な徹底した売り込み作戦は うげっ と思うようなものでした。
ま、その活動の是非はともかく、少なくとも日本人でその筋のプロがいることくらい、東京都さんなんですから調べることはできるはず。それをしなかったのは怠慢だし、もし「そんなこと思いもよらなかった!」なんて言うのだったら、本当にタダの素人集団。素人うんぬん以前に、まじめに少しは考えた?って思う。
なんにもわからないから、知事の勢いに押されて右往左往して、広告代理店頼みで、都民や都内の企業からの大事な税金を大量につぎこんだうえに足りなくて借金こさえて。
おかしいし!
五輪を開催する資格が、今の東京にはないと思いますよ。
スポーツを愛する人々に失礼ですから。
日本のみんなだって、東京じゃない方が気分がいいんじゃないですかね。
てな、いまいち気分のよくないオマケがついちゃったオリンピックでしたが。

でもよかったです。
4年後も目指す人、引退する人、模索中の人。
選手のみなさんそれぞれにあると思いますが、2010年のオリンピックは2010年のオリンピックでしかもらえない素敵なモノを、見た人それぞれがしっかり受け止めたと思います。
ありがとう。




プロフィール

 ちぼ太 & chiboko

Author: ちぼ太 & chiboko
ちぼ とは?
「ちぼ家」に君臨する
シマトラにゃんこ  7歳 ♀


chiboko のつぃった~ユーザー名は
chibomi です♪
☆フォローお待ちしてます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。