*All archives* |  *Admin*

2010/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本屋大賞
先日、2010年本屋大賞が発表されていましたね。
私は基本、「賞モノ」は手に取りませんし、積極的に読もうとはしません。
アマノジャクなものでw

ですが、「賞」の中ではこの本屋大賞は親しみが持てます。
だって、本屋さんが選んでるんですもの!
すっごく信頼できそうじゃないですかー。
本がとても好きで(きっとね!)、普通の人より多くの本を読んでいる、すぐそこに居る人。

で、ふと思った。
chibokoは今、キンドルの日本語版が出たら欲しいなぁ、とか思っている。
いちばん読みたいのは新聞だけど、本も紙より安くで読めるし、持ち歩きも便利だし。
とすると。。。
本を本屋さんで買わなくなってしまう。
本屋大賞がなくなっちゃう?・・・それはちょっと寂しいぞ。

むむむぅ~。
うまく両立させるにはどうしたらいいんだ?
スポンサーサイト
民意はどこにある?
え~。ツイッターに手を出して1週間・・・くらいですかね。
まだまだ新参者でありますが、毎日真面目に(?)眺めていますとなんとなく見えてくるものがあります。

ツイッターは比較的年齢層が高い、と言われているだけあって政治ネタは飛び交ってます。
特に今日のような、思わずつぶやきたくなる(ってか、今日の場合は叫び!かも)ことが起こるとたくさん流れてきます。
それを見ていると、「うん。これが民意ってヤツだよな。」と思えます。
国会議員は自分の主張をつぶやくためでなく、世の中の声を聞くためにツイッターを使う方がいいのでは、と思いました。

今日、多くの人々は民主党の小沢幹事長への不信感をつのらせ、前原国土交通相の評価を少しあげたんだなぁ、というのがツイッターのTL(タイムライン)から読み取ったことでした。
まだフォローしている人の数が少ないのにそう思ったということは、1,000人単位でフォローした場合にはもっと顕著に確認できると思います。

4月22日 朝日新聞朝刊より
『高速料金をめぐっては、民主党の小沢幹事長が昨年12月、鳩山首相に手渡した予算要望に、全国統一の高速料金を設定したうえで、料金割引のための財源を道路建設に回すという、今回の改定の原型が盛り込まれていた。公共事業に反発する自治体などの陳情を受けたものだった』

要らない道路は作らない!として決めたはずの道路が、”陳情”という行為でなし崩しになったんですよね?
で、お金が必要だからガソリン税の暫定税率は廃止されずに生き残り、
更には新料金導入で発生する割引のための財源からざっくり半分を道路建設に持っていくつもりなわけです。
財源が限られてるのに、「高速料金が(実質的に)上がるのはおかしい!」って言うんだから、じゃあどうしたいの?って聞きたくもなりますわな。
今の割引をぜーんぶ利用したものより安くなるように料金設定すれば、道路建設に回すお金は減るんだよ?
そんな足し算と引き算は、一般人でもできますが。。。

今の民主党がどんどん支持されなくなっているのは 全体像を見せてくれないから です。
民主党議員以外は、全員わかっていると思うこの事実に、なぜ彼らは気が付かないのか。
「政治と金」よりも、このことの方がずーーーーっと、ずぅぅぅぅっと大きいんです。
だから、前原さんがちょっと評価がいいのは
4月22日 朝日新聞朝刊より
『前原氏は、高速無料化の社会実験が全国37路線、1622キロで始まる6月に同時に料金改定を行い、その影響を見たうえで、来年度以降、再び見直していく考えだった』
という風に、プロセスを視覚化しているからだと思うわけです。
もちろん”来年度以降”の部分は不確実だけれど、それでも「来年度以降って言ったじゃん!いつまで検証に時間かけてんだよっ?」などと具体的に突っ込むことができるようにはなっている。

それが、「党」という仮面をつけた団体は「民意ですから」と言って、『結論』だけを時の政府に押し付けてるわけで、そこに至る経緯は民意の主体であるはずの私たちにはブラックボックス。陳情は民意ではないのだぞ!

で、世のつぶやきがその話題は出すものの、舛添氏に関してはまったくつぶやいていないというのも事実。
(少なくとも私はひとつも目にしなかったな)
ほんとうに 民のつぶやき は正直ですw



4月8日朝日新聞朝刊『森荒らすシカ ごちそうに』
4月8日朝日新聞朝刊『森荒らすシカ ごちそうに』 
捕獲の野生動物「国産ビジエ」の試み

農林業への被害を防ぐためにシカやイノシシを捕獲した後、肉を食用にする取り組みが広がっている。
これまでは大半を焼いたり埋めたりして処分していたが、地域の資源として使おうという狙いだ。
フランスでは、狩猟で捕獲された野生の鳥獣肉は「ジビエ」と呼ばれて好まれている。
農林水産省も食肉加工への補助などで「国産ビジエ」の支援を始めた。(編集委員・大村美香)

低カロリー栄養豊富

 野生シカのオーソブッコ風煮込み、すね肉のコンフィ、テリーヌ・・・。
神戸市東灘区のフランス料理店「MOMOKA」は兵庫県丹波産の野生シカ肉を使った料理を得意にしている。
山地に暮らす丹波産のシカは運動量が多く、エサは山の草や木の実。
「低脂肪でくせがなく、肉自体のおいしさがある」とオーナーシェフの三村保則さん(59)。
 地域の食材を探すうちにシカ肉に出合い、3年ほど前から使っている。
一頭まるごと買いつけ、ロースやモモといった扱いやすい部分ばかりでなく、すね肉や首肉なども余すところなく調理する。通信販売も手がけ、多い月は4~5頭ほど使う。
 一般的には肉に脂がのる秋から冬が旬と言われるが、三村さんは「肉のおいしさは一年中変わらない。脂が少ないなら補うなど、料理法を工夫できる」と言い、年間を通してシカ料理を提供している。
 兵庫県ではシカの数が増えて農林業被害が年間約4億円に上り、森林の生態系にも食害の影響が及んでいる。
県は生息状況や植生調査に基づく「シカ保護管理計画」を策定、頭数管理のための捕獲数目標を立てている。
これまで年2万頭としていたが、今年度は3万頭に増やす方針だ。
 捕獲したシカを食用にしようと2006年、丹波市にシカ肉専門の処理施設「丹波姫もみじ」がオープンした。
県内で調理技術講習や普及活動なども行われている。
 シカの生肉を食べた人がE型肝炎に感染した事例もあるため、県森林動物研究センターは07年から09年に、計109頭についてE型肝炎の検査をした。感染暦があったのは1頭だけで、ブタより割合が少なかった。
 同センターの横山真弓主任研究員は「シカがE型肝炎の感染源になる可能性は非常に低い。ただ生食は控えて。ウイルスは加熱すれば感染性を失うので十分に加熱調理をして」と話す。シカ肉は適切に解体し食肉処理すれば臭みは出ず、「低カロリーで高たんぱく質、鉄分などのミネラルも豊富な食材」と言う。

処理施設、国が補助
 野生動物を捕獲して食用販売する場合の解体食肉処理には、現在のところ法的な規制がない。このため、北海道と、長野、山梨、島根、和歌山各県は自主的な衛生ガイドラインを作っている。
解体処理マニュアルや施設の衛生管理などを定めた内容だ。
 和歌山県では08年から、「ジビエで地域おこし」事業を始めた。衛生面のガイドラインに基づく指導で肉の安全性を図るほか、イタリア料理店でのイノシシ料理フェアなどを行っている。国と県の補助を受けて同県日高川町に今年度、専用の食肉処理施設が稼動する。「ホテルやレストランといった使う側と生産者の橋渡しなどをして、地域の食材として育てたい」と県の担当者は話す。
 佐賀県武雄市は09年4月に「いのしし課」を設置。イノシシ肉のレトルトカレー、即席みそ汁といった特産品を開発している。昨年、食肉加工センターを開設し、09年度は市内で捕獲された約850頭のうち約240頭を食肉にした。
 08年末の農水省調査では、「ジビエ」の食肉利用の取り組みは、全国で少なくとも40カ所で行われているという。08年に鳥獣被害防止特措法が施行され、農水省も地域の食肉処理施設設備や商品開発、販売流通経路の確立、技術研修会などへ補助金を出している。
 先駆的にエゾシカの食肉化に取り組んできた北海道。札幌の社団法人「エゾシカ協会」はエゾシカを扱う食肉処理施設をチェックし、衛生基準をクリアしている施設の製品にマークをつける「エゾシカ肉推奨制度」に07年から取り組んでいる。
 道内の処理施設数は増加し、食肉利用は進んでいるが、それでも08年度で約1万2千頭。捕獲数約7万8千頭の15%だ。「需要拡大には家庭で食べる日常的な食材にする必要がある。栄養面で優れていることなどをアピールし、女性への売り込みに力を入れたい」と、道自然環境課は話している。

<野生動物による農作物の被害>
 農水省によると、野生動物により全国の農作物被害は、08年度は約199億円で前年度より14億円増加した。シカが58億円で最も多く、次いでイノシシの54億円。
 数の増加や生息地域の拡大で、農林水産業や生態系に被害が出ている野生動物に関しては、都道府県が「特定鳥獣保護管理計画」をつくり、個体数をコントロールする。
家族の言い訳
『家族の言い訳』
2008年12月14日 第1刷発行
2010年3月19日 第19刷発行
森浩美 著
株式会社双葉社

最初、手にとったのは『こちらの事情』だった。
が、『家族の言い訳』が第1弾、みたいなことが書いてあったし
”ラジオドラマや入試問題にもなった”という裏表紙を読み、購入するに至った。

短編が8編。
ホタルの熱
乾いた声でも
星空への寄り道
カレーの匂い
柿の代わり
おかあちゃんの口紅
イブのクレヨン
粉雪のキャッチボール

どれもよかったです。

人と人との係わり。
他人同士よりも、それは家族の間の方が難しい。
自分でも気がつかない甘えであったり、見得であったり、意地であったり、嫉妬であったり。
家族であればわかってくれるだろう、許してくれるだろうという思い込みが
余計に相手をきちんと見ようとしない、理解しようとしない勝手な行動につながっていく。

きっと誰でも「あぁ、わかる。」と思うであろう、主人公たちの気持ち。
同時に「でも、そんな風に振舞ってはいけないよ。」とも考える。読んでいる立場なら。
そこから我が身を振り返って、
もしそんな時が自分に訪れたなら”こうありたい”と自分に認識させることができる一冊です。



築地市場と南インド料理
少し前の話になりますが。
3月の終わりの週末、めずらしーく銀座に出ました。
しかも朝っぱらから映画鑑賞。

昼に終わり、風は冷たいけどお日様はポカポカ陽気だったのでお散歩することに。
chibokoは築地市場に行ったことがなかったので、行ってみることにした。
着いてびっくり。超人だかり~~~!!!
ずらっと並ぶ小さなお店それぞれに人々が列をなしているから、もう行列だらけっ。
どこに並んでるのか、わからなくならないの?w
その迫力に押されつつ、歩道は動けないので道路の端っこを歩かせてもらって奥へ。
どこもかしこも人だらけ。何が売られているのーーー?
お昼どきでおなかはへっているのに、食べられそうな場所はない。
あ。卵焼き屋さんだ。
厚焼き玉子が串に刺さって100円也。
とりあえず1つ買ってちぼ太とかじる。
奥へ奥へ。。。
場内を目指す。
それにしてもどこまで行っても行列だ。
どうしよー。一瞬並ぼうかなっと思ったお店もあったけど、せっかく並んで入っても落ち着いて食べられなさそうだし。。。

あきらめましたw
すっぱりとっ!

ま、見学はできたのでよしとするwww
では東京駅まで歩きましょー♪
最近は高速バス移動がお気に入りなので、東京駅が身近になりました。
どんどこ歩いていくと、道端にメニューが出ている。
「chibokoー。東インド料理だってよ?」
「・・・南インド料理だよ。」
単なる読み間違いw 
でも、インド料理に東西南北があるのか?
おなかもへっていたし、インド料理は最近ふたりとも結構お気に入りなので入ることにした。
頭の中には 『ナン+カレー2種』 というメニューを描きつつ。

2階にあがり、店のドアを開けるとこじんまりとした空間。
テーブルが4つ。
しかし3つは埋まっているっ。
かなりびっくり! こんな地味な場所にあるのに、ほぼ満席とは? すばらしぃ!
さて、メニューを見て悩む。
お薦めはお米料理だった。そしてメニューをめくっても『ナン+カレー2種』は無い。。。
「すみませーん。」
こういう場合は、質問するに限る。相手の日本語が多少あやしかろうと、コミュニケーションはとってみるものだ。
で、判明したこと↓↓↓

ナンはインドの北の方で食べられるものであり、南では基本はコメ。ナンとは違うが焼いたパンのようなものもある。

なるほどね。
では、ということでお薦めのおコメ料理1つとコース1つを頼んだ。
周りのお客さんが徐々に減ってきたこともあると思うが、唯一日本語のしゃべれるそのスタッフさんは料理を持ってきてくれるたびに一生懸命説明をしてくれた。
想像するに、たぶん他のお客さんは質問などせずにメニューを選び、質問することなく食べて帰っていくのでしょう。
だから珍しく言葉をかけてきた日本人(=ちぼ太&chiboko)に、彼の”南インドLOVE”を伝えたくなったのでしょうねwww
「このスープは辛いけれど、体にいいから飲みなさい」とかw

辛かったけど、みんなおいしかった♪
ちょっと量が多くて食べきれなかったのが残念だったけど。
お会計の時にレジの脇にあった壺をちぼ太が開けて除いてみると、カラフルな粒粒が入っている。
香料かな? それとも脱臭剤みたいなものかな?
するとスタッフさんがニコニコしながらスプーンでそれをすくって差し出す。
「?」
掌に乗せてくれた。
お口直しでした。すぅぅぅ~っとしました。

なんかとっても得した気分のお昼でしたー♪



ハンドルネーム
私は新しいことに飛びつくタイプではなく、どちらかと言えばそこそこ普及してからの「大衆タイプ」。
携帯電話も通話とメールがメインだし、
過去にHPを自分で作っていたこともあるけど、今はこのブログに変えたし、
ミクシィには入らず、スカイプも使っていない。
Twitterには割と早めに興味は持ったが、『Twitter進化論』を読んだ止まりでイマイチ面倒くさそうで登録まで至っていなかった。
人様のつぶやきを眺めて、何が面白いのか? それがわからずw

しかし、実際に自分で足を突っ込んでみなければわからない。
合うか合わないかは、やってみなければわからないわけで。
お仕事上でも(直接ではないが)使おうかっていう話も聞こえてきているので、えいやっ!ととにかく始めてみることにした。

さて、登録。
ごく当たり前に chiboko にするつもりだった。
こんな珍しい名前であれば(可愛いわけでもないしwww)誰も使っているわけないだろう、と。
ところが! だ。
誰かが使っているっ!!!
えぇぇぇぇぇぇ~~~~。 それ、あたしの名前だしーーー???

想像だにしなかった事態に、自分でも思った以上にうろたえました・・・。
どぉしよう。
他の名前だと、自分の気がしない。
このブログで数年間chibokoと名乗ってきたし、元メイプルの仲間たちから ちぼこさん と呼んでもらっていたので2つ目の名前として自分の中にしっかり根を張っている。

困ったー。
でも「登録をする」という挑戦をそれだけの理由で反故にするわけにもいかない。(半分、仕事モードだし。)
よし。
仕方ない。
Twitter上ではこう名乗ろう。

chibomi

w はい。ちぼみで~す♪ よろしゅうwww
実は、このchibomiさん。結局は作らなかったけれど、魔法使いchiboko(メイプルストーリー)の他にキャラクターを作る時に使おうと思っていたハンドルネーム。
chiboko
chibomi
chiboyo
の3人娘っていう構想が密かにあった日もあった。遠い昔にwww

Twitterは、すぐに使いこなすってわけにもいかないので、少しずつお勉強しながら。
まずはPCで使い、慣れてきて沢山つぶやきたくなったら(「さえずる」の方が楽しそうかなw)携帯電話からに移行しようと思っています。
まずは続けられるか?
がんばれ、あたし。
がんばれ、chibomi ♪



夜桜
4月ですねぇ。
桜のつぼみが開花寸前に冷え込んだ先週1週間。
今週になって神奈川、東京はお花見開始の様相です。

昨日、3月31日は月末&年度末でバタバタとし、ちょっとだけ遅くなって会社を出ました。
と、8分前にちぼ太からメールが入っていた。。。
「桜がきれいだし、ご飯食べて帰ろう」とのご提案♪
わーっ急げ~~~と、あわてて電話。
某駅にて待ち合わせ。

目黒川沿いは立派な桜並木なのです。
すでに満開。
幸い風もなく、咲き誇った桜たちは夜の闇に白く浮き上がっていました。
提灯の灯りに照らし出された桜のきれいなこと。
また、川面に向かって枝が伸び、広がり、これがまたとても美しい!
歴史を感じさせる枝振りの立派さ。
なんとも贅沢な夜桜散策でした

川沿いに歩いていくと、どんどん人が増えてきて屋台などもあちらこちらに。
近くのお店も混雑していて、ん~ どうしよう。
ちぼ太が昔よく行った居酒屋さんに滑り込む。

ヒラメとミズダコの刺身
あしたばの天ぷら
茎わさび&かまぼこ
つくね
焼き飯

ビール
花見酒(日本酒・滋賀)
瑠璃色の海(日本酒・山形)

久々に日本酒をいただきましたが、すっごく口当たりがよく飲みやすかったーーー。
「呑みやすくて、やばい?」
とかいいつつ、おいしくいただきましたー♪

たまにはいいですね。
夫婦呑み♪
プロフィール

 ちぼ太 & chiboko

Author: ちぼ太 & chiboko
ちぼ とは?
「ちぼ家」に君臨する
シマトラにゃんこ  7歳 ♀


chiboko のつぃった~ユーザー名は
chibomi です♪
☆フォローお待ちしてます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。