*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ちょっとお知らせ☆
えーと ☆お知らせ☆ ですw

ファミリー人形劇 はこ/BOXES じいちゃんのオルゴール♪ 第12回全国公演作品

これは何か? というと

ろう者と聴者が共につくる デフ・パペットシアター・ひとみ 結成25周年記念作品

なのです。
わかるわけないですねーw これじゃあ。
で、ご説明。

「ひとみ座」という人形劇団があります。代表作品は「ひょっこりひょうたん島」。
ここを母体とした”ろう者と聴者”(聞こえない人と聞こえる人)が一緒に演じる団体「デフ・パペット・シアター・ひとみ」があるそうです。
”人形劇”というと、日本では「こどもが見るもの」としての認識しかありませんが、チェコスロバキアなどでは大学に”演劇科”と並んで”人形劇科”があり大人が楽しむものとしての地位を確立しているのだそうです。(以前、チェコの人形劇団の公演を見て「これは『劇』もしくは『パントマイム』ではなかろーか?」と思ったりもしましたがw)

さて、この「デフ・パペットシアター・ひとみ」の25周年記念作品として上記の公演が行われるわけですが、今回構成・演出を担当される方がchibokoの10年以上おつきあいのあるお兄さんなのです。
日本で人形劇で飯食ってる数少ない人間のひとりです。

あんまりいろいろ書いてもわけわかんなくなるので。

きちんと作られている人形劇は、大人が見ても圧倒的に面白いです。
自分で動かしてみるとわかるけど、人形使うのって半端じゃなく難しいのよ。
あたしが舞台を見てから「よかったよ!」って周りに薦めたいけど、公演期間が短いから(今回は3日間4公演)それをやっていられない。
くすのき氏(←前述のお兄さん)が作るんだから、まず間違いはないです。(chiboko太鼓判!)
もしよければ見に行ってみて欲しいけど・・・こんなことをやってる人たちもいるんだよっていうのを知ってもらえるだけでもって思って、今日は書いてみました。
詳細はこちら デフ・パペットシアター・ひとみ

どうぞよろしくwww 
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

 ちぼ太 & chiboko

Author: ちぼ太 & chiboko
ちぼ とは?
「ちぼ家」に君臨する
シマトラにゃんこ  7歳 ♀


chiboko のつぃった~ユーザー名は
chibomi です♪
☆フォローお待ちしてます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。