*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上機嫌の作法
本を買って、読んで、その後どうするか?
ものすごく気に入った本は、本棚に残る。それ以外はBook Off へ。
いわゆるノウハウ本系は、本棚に残りにくい。
本当に役に立った!という本には、まだまだ巡り合っていないということだ。
残念ながら。

しかし、現段階で1冊 ある。

「上機嫌の作法」 齋藤孝 著  角川書店

齋藤さんの著書の中では、多分目立たない存在の本ではないかと思います。
たまたま購入しました。
その時、何を思って手にとったのかは覚えていません。
が、今も私の本棚に鎮座ましましており、ふと気になった時に読み返しています。
もしかしたら、今までで一番読み返している本かもしれません。

ノウハウ本、ではないです。
自分を振り返るというか、戒めるというか、活を入れるというか・・・。
頼れる本です。
納得できます。
そうありたいと思います。
本当はいろんな人にプレゼントもしたいです。
・・・けど、こういうモノは微妙ですからプレゼントはできてないですw
ぜひ皆様の本棚にも。
chibokoお薦めです♪

最初の数行を引用させていただきます。
「上機嫌の作法」より *****************

 なんて無意味に機嫌の悪い人が多いのでしょう。
 不機嫌にしていることで、メリットがあるでしょうか? 考えてみてください。誰かが
気分よくなったり、もしくは仕事が進んだりするのか。不機嫌ムードを発していることで
仕事がうまく進むのであればともかく、実際にそんなことがあろうはずがない。
くよくよして、むっとして、無気力でいて、何か新しいものが生まれるでしょうか?
 私には、不機嫌さは「なんらかの能力が欠如しているのを覆い隠すため」だとしか考えられません。たとえば、無能さを突っ込まれないようにするため。あるいはお調子者だとか
バカだとか思われないようにするため。不機嫌であることが、あたかも威厳があり、
知的であるかのように思うのは大きな間違いです。

************************************

さぁ! みんなで知的な上機嫌を目指しましょう♪
 
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

 ちぼ太 & chiboko

Author: ちぼ太 & chiboko
ちぼ とは?
「ちぼ家」に君臨する
シマトラにゃんこ  7歳 ♀


chiboko のつぃった~ユーザー名は
chibomi です♪
☆フォローお待ちしてます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。