*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先生 という職業
「むかしは 『でもしか先生』 って言ったのよ。」
母から聞いたことである。

先生にでもなるか。
先生にしかなれない。
・・・どちらにしろ、「やるぞ~っ!ついてこーいっ」という金八先生の熱さは全く感じられないw
その昔、『先生』とはそういう存在だった時代もあったらしい。

しかし、『先生』は、えらい 正しい 存在だったはずだ。
それがいつの間にか保護者に押され、ついには免許の更新制度までできてしまった。
この更新制度ができたと聞いたときから、きっと無駄な制度だと思っていたが、やっぱり見直し案が出てきているそうですね。
現場をしらずに、聞こえのいい、国民の(←この言い方はキライなんだが)ウケを狙える制度を机上の空論で作っちゃうからそうなるんだ。
「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてんだ!」
叫べ、青島っ。

しかも大学の教員学科を医者と同じ6年制にしろ、だとー?
頭でっかちの年寄りを増やせばいいってもんじゃ、ないだろーが。
今までにも何回か書いてきていますが、 学生⇒先生 というストレートコースのみしかない今の制度はゆがんでいる、と思う。世の荒波を知らん(井の中の大変さだけしかしらない)オトナしかいない、といのはいびつじゃないかぃ?
ストレートコースは一握りにして、あとは中途採用にすればいろんなオトナがいる活気のある場所になり得ると思うんだよね。学校って。

それに、若いオトナは必要。
教育実習生がモテるのは、若い頭があって(子どもの感性に対応できる)、体力があって(子どもと駆けずり回れる)熱意に満ち溢れている(面白い授業をしようと創意工夫する)からだ。
だから4年生を出たくらいの若い先生もいないと困る。(古株先生の雑用係じゃなくて、ね!)
できることなら、幼稚園教諭の免許のように短大(2年制)でも免許を取得できるようにすれば更にいいんじゃないか? 

校長も教頭もバリバリの「先生」だから学校内が硬直化しちゃうんだと思うのだよね。
もっと「経営者」であれば、問題のある先生(これを排除するために更新制度を設けたわけでしょ?)にビジネスライクに対応できるんじゃないかなぁ。。。

小学校で担任が全ての教科を教えるのも、無理があることだと思う。
教科ごとに先生が変わっても、子どもはぜんぜん大丈夫。塾はそうなってるもの。
その方が、子どもを型にはめて見てしまうことが少なくなると思うし、子どもの側も決めつけられる苦しさが減ると思う。
担任は決める。オトナも子どもも「担任だ」と認識すれば、それでだいじょうぶ。
子どもたちはオトナが思っている以上に、対応できます。
(小学校1年生は1日中ずっと一緒の担任と、各教科担任が必要だと思うが)

一応、小学校教諭免許持ってるからね。実習も行ったし。
だから思う。6年制にして、実習を1年間なんてことになったら、教員免許を持つ人間は激減する。
お免状がなければ国家試験も受けられないし、私立の学校の応募もできない。
それは、あかんのよ。流動化させるためには、免状くらい無理せずとれないと!
「先生」は特別な人ではない。「先生」は一緒に学ぶ「オトナ」なんだ。
だから、「先生」は一職業であるべきだと私は思う。

「へぇ~。将来は小学校の先生になりたいんだ?」と、企業の担当者が面接で普通に話ができる。
「そっか。小学校の先生を5年間やってきたんだねー。」と、企業の担当者が特別視しない。
そんなおおらかな世の中が、教育現場=子どもたちを助けるのだと思うのですがっ。




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

 ちぼ太 & chiboko

Author: ちぼ太 & chiboko
ちぼ とは?
「ちぼ家」に君臨する
シマトラにゃんこ  7歳 ♀


chiboko のつぃった~ユーザー名は
chibomi です♪
☆フォローお待ちしてます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。