FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家祓い
引越しをしたり、後片付けをしたり、なんだかんだと気がつけば既に10月も終わろうとしている。。。

引越しネタでいくつか書こう書こうと思いつつ、日が経ってしまいました。
その中のひとつ。
「家祓い」
知ってます?

文字のとおり、「お祓い」です。
費用は発生するけど、中古マンションなのでやりたい。と相談したところ、ちぼ太も了解してくれました。
今まで住んでいた場所の近くにちょっと立派な神社さんがあったので、そこに頼む? とちぼ太が言う。
「いやいや。神社はその土地の神社さんに頼まないと。その土地の氏子(うじこ)になるわけだから。」
と私。
ネットで引越し先の住所で『神社』を検索すると、なんとまぁ便利なこと。
地域ごとの神社さんを検索できるサイトが見つかった。
しかも、無人、有人も書いてある。(神主さんが常駐していない神社はたくさんあるから)

メールでお問い合わせをすると、翌日丁寧なお返事が返ってきた。
土曜、日曜も対応可能であるが10月はお祭りが多いので早めに予約をしてくださいとのこと。
費用は2万円程度。
こちらで用意するものは塩、米各一握り程度と酒2合。

さて当日。
現れたのは想像以上にお若い神主さんでした。
最初に間取りを見る。その時に「実は・・・」と懸案事項をお話した。

実は。
売買契約が済んだ後に、家の中を何ヶ所かカメラに収めた。
その時、東北方向の窓枠が  なぜか歪んで写った  のだ。。。

それを聞いた神主さん。
北の方角を確認し、「あぁ。鬼門ですね(北東)」とひと言。
「ここには特に強いお祓いをしておきます」

儀式は和室で行われました。
米と塩はそれぞれ器に入れてお渡ししたところ、木の台座(なんて言うんですか?あれは。月見団子を乗せるような木製の台です)に並べて乗せました。
大きさがギリギリだったので、もう少し小さな器がよかったなと反省。
直径10センチ程度で深さのある器ならちょうどいいかもしれません。

神様に来ていただいて(呼ぶ)、玄関に塩、米、お酒をちょっとずつ撒いて、各部屋をお祓いする。
その後神様に帰っていただく。
お札は神社の総本山(?)のお札と来ていただいた神社さんのお札。
あと火の神様(台所用)のお札をいただいた。

なかなかよい体験だったし、安心もできました。
ちぼ家はちぼ太が大好きな 富士北口浅間神社 にいつも行っていたけれど、そういう「好き」は神社的には問題なく『崇敬神社』として持っていればいい、と教えていただきました。

神道を信じようが信じまいが、神社に行こうが行くまいが、日本人は全てその住んでいる土地の氏子なのです。
この日本の”八百万の神”感覚は、好き 日本人なんだなぁ、やっぱり。そういう風土で育ってきたからね。一神教って、どこかやっぱり違うんじゃないか? と思ってしまう。

先日、お礼参りに行ってきました。
いただいていた榊をお返しに&引越し無事完了のご報告。
行ってみたら、想像以上にご近所でしたw まさに直轄(?)の氏子www
こじんまりとした、しかしとても手入れの行き届いた素敵な神社さんでした。
これからは毎年、それから折にふれて訪れたいと思っています。

お引越しをされる方、「家祓い」お勧めです。



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

 ちぼ太 & chiboko

Author: ちぼ太 & chiboko
ちぼ とは?
「ちぼ家」に君臨する
シマトラにゃんこ  7歳 ♀


chiboko のつぃった~ユーザー名は
chibomi です♪
☆フォローお待ちしてます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。