*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引越し no 大作戦 その3
くーさんを預けたその次の金曜日に引越し作業をし、土曜日も朝からバタバタと片づけをしていると携帯電話が鳴った。

「あ。chibokoさん。。。」
動物病院のスタッフだ。
「あのですね。くーちゃんがケージから出そうとすると、すごい勢いで怒るんですが、麻酔をしてでも洗いますか?」
猫の多くは、洗われる事を嫌う。
あまり上手でないペットショップだと、最初から麻酔をすることがシャンプーの条件だったりする。
シャンプーごときで命にかかわる全身麻酔をすることは気が進まないし、特にくーさんは高齢のようなのでできれば避けたかった。そのために、「彼女は慣れてるから大丈夫だと思う」とスタッフが薦めてくれたペットショップにお願いするつもりでいたのだ。
・・・が、ショップに連れて行く前の段階で、既にお手上げ状態になったらしい。
しかし洗わないことには、家の中では飼えない。。。
とにかく1回は洗ってしまえば、あとはそんなに洗わなくともどうにかなるのだ。
無事を祈りつつ、麻酔をして洗ってもらうことにした。

夕方、また電話がかかってきた。
「終わりましたー。どうしますか?まだ寝てるんですが、このまま連れて帰ります?・・・あ、麻酔が覚めてきたみたいですね。」
電話口の向こうで 「おきた、おきたー」 と声が聞こえてくる。
「起きました。えっとピンクケージから出せません。すごい気が立ってて、無理ですね。出せません。ピンクケージのまま連れて帰ってもらえますか?」
「・・・ごめん。ピンクケージって、何?」
「えっとですねー・・・。」
普通のキャリーバッグは猫が座り込んだ姿勢で運ぶ形であるのに対して、そのピンクケージというのは麻酔をかけた猫を横たえた状態で入れるケージだとのこと。
つまり平べったくて高さがない籠なのです。
とにかく迎えに行った。

「くー、だいじょうぶかー?」
ピンクケージの中のくーさんは、私たちを見るなり
「シャアァァァァっ!!!」
・・・あらら。わかってないよ。
「だいじょうぶですかー?」
「うん。大丈夫、大丈夫。」
吼えるだけでなく、ケージの隙間からパンチも繰り出す攻撃態勢。
確かにこのまま連れて行くしかない。

車に乗せても、ピンクケージから抜け出したくてガンガンと体当たりしたり、隙間から手を出したり。
声を掛けても全然聞いてない。
途中で助手席から後ろの席に移り、ケージ越しに手を添えて話掛けているとだんだんと落ち着いてきた。どうやら引掻かれはしなさそうだと検討をつけて、柵の間から指を入れてくーさんのほっぺたをつついてみる。
お。だいじょうぶ。
にゃあ~ん♪
思い出したな。よしよし。
知らないところから、少なくとも知っている人間の近くに戻ってきたとわかったらしい。
家に着く頃には、顎を床につけて眠る体勢になっていた。

用意しておいた特大ケージに移すのも、まったく問題なし。
あっさりと新居所に移動。
家の中に慣れるまでは、このケージの中で過ごしてもらう予定。
くーさんはゴロゴロと喉をならす。
プチダンク、と別名がある(ちぼ家にて)だけあって、ぷちっと力強い。
結構な強さで体をすりつけてきたり、噛んだりする。そして盛大にゴロゴロ言う。

なんとかなりそうじゃん。
なーんて思った人間、甘かった・・・。
くーさんとしては、今までと同様に捕獲された後、帰ってくればいつものベランダに戻してもらえるつもりでいたらしい。だからゴロゴロが盛大なのも、「わ~い♪ 早くおうち(前の家のベランダ)に連れてってね♪」ってことだったようなのだ。
なんかおかしい・・・。と思ったかどうかはわからないが、暫らく時間が経つとゴロゴロの代わりに
「うわぁおぉぉぉんっ。ウワァオ~~~。」
と啼きだした。にゃー、ではない。変な鳴声だ。しかもかなりのボリューム。

・・・うるさい。

そして、それは夜にピークに達した。
そう。猫は夜行性なのである。
家猫は人間のリズムと同調しているが、なにせくーさんは外猫。
夜は活動する時間。
昼間はケージの蓋を開け放していても、自分からは決して出てこないくーさんが、夜になると活動開始。しかも歩き回りながら、「ウワァオ~~~」と啼き続ける。
・・・眠れぬ。

1時間ごとに起き、なんで啼くのかわからないので撫でてみたり、1匹で寂しいのかと布団を持ってケージの近くに寝ころがってみたりするが、啼きやまない。
ヘトヘトになった最初の夜。。。

やばい。
どうしたらいいんだ・・・。

ってことで、まだ終わらないwww



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

 ちぼ太 & chiboko

Author: ちぼ太 & chiboko
ちぼ とは?
「ちぼ家」に君臨する
シマトラにゃんこ  7歳 ♀


chiboko のつぃった~ユーザー名は
chibomi です♪
☆フォローお待ちしてます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。