*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プラス1 マイナス1 結果プラス5 (前編)
昨年の10月にフルリフォーム済みの中古マンションに引っ越してきたわけだが、ひとつ問題があった。
水質だ。
私にはここ(K市)の水が合わないらしい。
引越し前と引越し後は隣り合った区なので、水道局が一緒。
引越し前は水道メーターの隣に『活水器』をつけて快適に過ごしていた。ところが今回のマンションは共有部(メーターBOX部分)には何も入れてはいけないのだ。物理的にも空間が狭くて設置できないし。
何とかなるかーと思っていたが、何とかならず、肌はガサガサになるわ痒みは出てくるわで対策が必要となり、家の中なら自由にできるので近くのリフォーム屋さんに相談。
古いマンション群なので、リフォーム屋さんは建物の構造をよく知っていて
「恐らく、入ってすぐの和室の押入れの下を水道管が走っている。」
と来てくれることになった。
来てくれることになって、見積もりももらったのに、日程を決めてくれない・・・。
早く来いよぉーーーっ! 困ってるって散々お願いしてるじゃないかぁぁぁっ!
と、やきもきしていたら、やっとこさ11月の末に工事となった。

さて、当日。
朝から大工さんと水道屋さんが来て、押入れの床を切って作業を始めた。
1時間も経った頃だったろうか。

ガタガタッ・・・どぉんっ・・・。
「ぅわぁっっ!」

へ?
和室のすぐそばにある玄関で、振動と共に大きな音が!
顔を出すと・・・何?これ?

人間、思わぬモノを見るとボーゼンとするものなのですねw
その時数秒「これは何だ?」と凝視したまま固まってましたwww

靴箱が落ちていたのです。
あ。説明が必要ですねw
うちの靴箱は備え付けのもので、玄関のたたきから30センチくらい浮いた位置で壁に固定してあるのです。たたきの面積がMAXで使えるので、とても便利。靴箱の下には蛍光灯がついていました。
それが、壁から剥がれて落下したのです。
しかもちぼ太が靴箱を開こうと引っ張った瞬間に。。。
ちぼ太、玄関で靴箱に襲い掛かられて、壁と挟まった状態になってました・・・。
「だっ、だいじょうぶ!?」
とにかく靴箱を移動させようとchiboko動くが、意外と重い靴箱。
「奥さん、奥さん。私、やりますよ。」
リフォームの現場監督さんがすかさず手伝ってくれたw

靴箱をどけて一息。
よくよく見たら、靴箱を留めてあったのはなぜか 釘4本のみ。。。冗談っ!この靴箱、重いだろぉが?
即、ここを販売した不動産屋に電話。営業のMさんにつながり、chiboko開口一番
「靴箱、落ちましたけど
土曜日だったけれど、さいわい不動産屋が使った系列のリフォーム屋に連絡がつき、大工さんも引っ張り出してきてくれて、どうにかその日のうちに靴箱は壁に戻った。(もちろん補強してもらって、完璧に。)
ただ、剥がれた壁紙は後日の補修となった。

活水器をつけてくれたリフォーム屋さんたちは、少し難儀をしつつもなんとか午後1時過ぎには完璧にしあげて去っていき、靴箱をつけてくれた大工さんたちもお昼から夕方くらいまでで作業を終えて帰っていった。
居間に戻ると、猫たちは音が怖かったらしく、部屋の隅の方でそれぞれ身を潜めていたw
「・・・なんか忙しい1日だったね。」
不測の事態だったわけだけど、結果1日で終わってよかったw
不在の時に靴箱に落ちられていたら、もっと困る。玄関開けて靴箱に遮られてたら家にも入れんw
「きっと靴箱はすごい頑張ってたんだけど、なんか業者さんらしい人たち(活水器の設置)が来たから『もうだいじょうぶかも』って力つきたんだねw」
と笑いあった。

活水器がついて プラス1。
靴箱が落っこちて マイナス1。
そして続きがある。
次回、後編にてw





スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

 ちぼ太 & chiboko

Author: ちぼ太 & chiboko
ちぼ とは?
「ちぼ家」に君臨する
シマトラにゃんこ  7歳 ♀


chiboko のつぃった~ユーザー名は
chibomi です♪
☆フォローお待ちしてます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。