*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家族の言い訳
『家族の言い訳』
2008年12月14日 第1刷発行
2010年3月19日 第19刷発行
森浩美 著
株式会社双葉社

最初、手にとったのは『こちらの事情』だった。
が、『家族の言い訳』が第1弾、みたいなことが書いてあったし
”ラジオドラマや入試問題にもなった”という裏表紙を読み、購入するに至った。

短編が8編。
ホタルの熱
乾いた声でも
星空への寄り道
カレーの匂い
柿の代わり
おかあちゃんの口紅
イブのクレヨン
粉雪のキャッチボール

どれもよかったです。

人と人との係わり。
他人同士よりも、それは家族の間の方が難しい。
自分でも気がつかない甘えであったり、見得であったり、意地であったり、嫉妬であったり。
家族であればわかってくれるだろう、許してくれるだろうという思い込みが
余計に相手をきちんと見ようとしない、理解しようとしない勝手な行動につながっていく。

きっと誰でも「あぁ、わかる。」と思うであろう、主人公たちの気持ち。
同時に「でも、そんな風に振舞ってはいけないよ。」とも考える。読んでいる立場なら。
そこから我が身を振り返って、
もしそんな時が自分に訪れたなら”こうありたい”と自分に認識させることができる一冊です。



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

 ちぼ太 & chiboko

Author: ちぼ太 & chiboko
ちぼ とは?
「ちぼ家」に君臨する
シマトラにゃんこ  7歳 ♀


chiboko のつぃった~ユーザー名は
chibomi です♪
☆フォローお待ちしてます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。