*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あぽやん
もうほとんど読後感しか書いていない・・・という事実w

さぁ、今月もやってきました読後感!www
ここ最近選択眼が冴えているようで、ブログを更新したくなる本とのめぐり合う率が高い。
幸せなことです♪

「あぽやん」
新野剛志 著
文春文庫
2010年10月10日 第1刷

あぽやんは何かって?
あぽやんはあぽやんさ。
あぽやんは世界を救えない。あぽやんは空を飛べない。あぽやんは金の匂いがしない。
あぽやんは怒る。あぽやんは笑う。あぽやんは走る。
あぽやんは空港にいる。


いわゆる ”お仕事小説” ですねー。
飛行機に乗っての旅をほとんどしない私にとって、”あぽやん”という人と触れ合う機会は皆無。
しかもツアーでないと、きっと会えない。
さらに言えば現時点で空港にあぽやんが存在しているのかも、私にとっては定かでは ない。

でも、ま、現時点で存在するのかしないのかは脇に置いておいて、少なくとも過去にそういう職業が存在していたわけです。
あぽやんの使命はお客様を笑顔で出国させること。
「いってらっしゃいませ。楽しい旅を。」と。

個人客を相手にするサービス業は、どんな業界であっても厳しいものだ。
さらにあぽやんは、『本社の営業』 という味方であって敵のような・・・いやいや、一番ワガママな客のような存在も相手にしなくてはならず、板ばさみになる。
しかもあぽやんは、本社営業からは軽んじて見られているのだ。
お客様を送り出す最後の砦として、時にひどい尻拭いをさせられるのに!

主人公の遠藤は入社1年目に大阪空港のあぽやんと電話で話し、今まではリスト上のローマ字でしかなかった「客」が、泣きも笑いもする「人」であることに改めて気づき、そのあぽやんに憧れと敬意を抱く。
しかしその後周囲の雰囲気に影響され、「あぽやんは営業の苦労がわかっていない、頑固で融通が利かない奴らだ」と思うようになってしまう。
ところが、自分が成田にとばされて・・・!

いろいろあるんです。
共に働くメンバーも個性豊かです。
オンナノコと働くのも一苦労です。
ヤクザもやってきます。
恋もします。
人は一面だけでなく、実に多くの顔を持っています。
そんなこんな。
読みながら、ふっと顔がほころぶ瞬間があります。
心が温かくなりました。

ぜひ、あなたのお手元にも。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
ちぼこお久しぶりです!w

ブログまだ続けてるなんてすげぇ><

俺はもう1年近く放置してしまっているよw
最近はミクシーやってるからちぼこもやってみれば!(

ちぼ太もちぼこもちーも元気でねー!
生きてたなw
よ。 元気そうでなによりw
今、2年生だっけ? 

うちは2人&2匹で元気だよー。
ちぼ太は今、隣でメイプルのフリマキャラを動かしてるよw
あたしのchibokoはあれ以来全く動かしてない。もうINしないけどねー。動かし方忘れたしw

ミクシーかぁ。あまり惹かれないが。面白い?
また時々遊びにきてねー。
プロフィール

 ちぼ太 & chiboko

Author: ちぼ太 & chiboko
ちぼ とは?
「ちぼ家」に君臨する
シマトラにゃんこ  7歳 ♀


chiboko のつぃった~ユーザー名は
chibomi です♪
☆フォローお待ちしてます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。