*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シアター!
読み終わってからしばらく時間が経ってしまいましたが。

「シアター!」
有川浩 著
メディアワークス文庫
2009年12月16日 初版発行

あら。1年前だったのですねー。初版。
なかなか読み心地はよかったです。
久々に 「青春!」って感じのモノを読んだなー、と。

小劇場系の劇団。儲けるっていうよりも、『劇が好きだからアルバイトで生活費を稼ぎつつ
劇団員やってます』系の劇団を率いる巧(たくみ)は、主人公司(つかさ)の弟。
幼い頃はいじめられっこで生きていくすら危ぶまれていた巧は、
劇を演じることを覚えてから劇作家の才能を開花させ、もともと持っていた人から好かれる性格も
あり、演劇人として成長していく。
そんな弟を持った司は、しっかり者で、なんだかんだいいつつも巧の面倒をみつづけてきた。
大学卒業後も演劇を続けた巧は劇団の主宰をしているが、劇団は赤字続き。
ある事がきっかけで、ついにどーにもならなくなって泣きついて来た巧に司は突きつける。
「金は貸す。が、2年で返せ。返す金は劇団があげた収益しか認めない!」
だが、それも愛。
司は自分の会社勤めをこなしつつ、金勘定がどんぶりだった劇団の収支を分析し、計画を立て、締める所は締める。チケットの売り方にも知恵を絞る。物販もいけると見ると工夫をこらす。
そんな司を巧も心強く頼りにする。
「兄ちゃんがやってダメなら、俺達はその程度だったってことだよ。」

うん。青春。
かる~い読み心地。
楽しいんだけど、ちょっとここ最近覚えがないくらい軽くて物足りない・・・ような気が。

さて、この有川さん。
ずーっと読みたいと思っていつつ、未だ読めていない『図書館戦争』の著者。
なんとか早いトコ読まないと。。。文庫化はまだだろーか。
ちなみに『フリーター、家を買う』も有川さんが書いているんですよね。
でも、これは私が勝手に「ほんとにフリーターだった人の経験談」だと信じていたので
なんだー小説だったんだぁーと、勝手に失望しちゃったのでした。読んでないけど。ドラマはたまに見てる。
最近の大学生のよく読む著者ランキングで2位だったようですが、なんかちょっと「え?」って感じで。

で、これを読んだ後は仕事が忙しい時期に突入したこと&なんとなく”小説”に飽きた?ってことで
手にとっていません。
このまま年末まで行きそうな。。。



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

 ちぼ太 & chiboko

Author: ちぼ太 & chiboko
ちぼ とは?
「ちぼ家」に君臨する
シマトラにゃんこ  7歳 ♀


chiboko のつぃった~ユーザー名は
chibomi です♪
☆フォローお待ちしてます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。