*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シアター!
読み終わってからしばらく時間が経ってしまいましたが。

「シアター!」
有川浩 著
メディアワークス文庫
2009年12月16日 初版発行

あら。1年前だったのですねー。初版。
なかなか読み心地はよかったです。
久々に 「青春!」って感じのモノを読んだなー、と。

小劇場系の劇団。儲けるっていうよりも、『劇が好きだからアルバイトで生活費を稼ぎつつ
劇団員やってます』系の劇団を率いる巧(たくみ)は、主人公司(つかさ)の弟。
幼い頃はいじめられっこで生きていくすら危ぶまれていた巧は、
劇を演じることを覚えてから劇作家の才能を開花させ、もともと持っていた人から好かれる性格も
あり、演劇人として成長していく。
そんな弟を持った司は、しっかり者で、なんだかんだいいつつも巧の面倒をみつづけてきた。
大学卒業後も演劇を続けた巧は劇団の主宰をしているが、劇団は赤字続き。
ある事がきっかけで、ついにどーにもならなくなって泣きついて来た巧に司は突きつける。
「金は貸す。が、2年で返せ。返す金は劇団があげた収益しか認めない!」
だが、それも愛。
司は自分の会社勤めをこなしつつ、金勘定がどんぶりだった劇団の収支を分析し、計画を立て、締める所は締める。チケットの売り方にも知恵を絞る。物販もいけると見ると工夫をこらす。
そんな司を巧も心強く頼りにする。
「兄ちゃんがやってダメなら、俺達はその程度だったってことだよ。」

うん。青春。
かる~い読み心地。
楽しいんだけど、ちょっとここ最近覚えがないくらい軽くて物足りない・・・ような気が。

さて、この有川さん。
ずーっと読みたいと思っていつつ、未だ読めていない『図書館戦争』の著者。
なんとか早いトコ読まないと。。。文庫化はまだだろーか。
ちなみに『フリーター、家を買う』も有川さんが書いているんですよね。
でも、これは私が勝手に「ほんとにフリーターだった人の経験談」だと信じていたので
なんだー小説だったんだぁーと、勝手に失望しちゃったのでした。読んでないけど。ドラマはたまに見てる。
最近の大学生のよく読む著者ランキングで2位だったようですが、なんかちょっと「え?」って感じで。

で、これを読んだ後は仕事が忙しい時期に突入したこと&なんとなく”小説”に飽きた?ってことで
手にとっていません。
このまま年末まで行きそうな。。。



クローズド・ノート
・・・やっぱり映画化されてたんですね。
似たタイトルがあったような気がするなーとは思ったんだけど、帯にも特に書いてなかったから気がつかなかった。2007年に映画になってたようです。

『クローズド・ノート』
雫井脩介 著 (しずくい しゅうすけ)
角川書店
平成20年6月25日 初版発行
平成21年2月5日 6版発行

教育関係の大学に入学して引っ越してきた香恵。
その部屋のクローゼットの奥に1冊のノートが残されていた。恐らくは前に住んでいた人の。
気がついて取りにくるかもしれないし、何よりヒトのノートだから中身を見ることもせず置いておいたのだが、
あるきっかけからノートを開くことになる。
そこには、はじめて担任を持つ若い女性、伊吹先生の生き生きとした文章が綴られていた。
彼女の大好きな教え子、4年2組の子たちとの1年間。

ノートを開く前までも楽しく読めます。
私は使ったことの無い筆記用具、万年筆を香恵が文房具屋のアルバイトで売るのですが、その記述が実に魅力的。
思わず万年筆を使ってみたくなりますw
ま、使うところまではいかなくても、今度どこかの文房具屋でじっくり眺めてみたくはなりますね。
なかなか楽しいです。

そしてノートを開いてからは。。。
あー。私も伊吹学級の生徒になりたいーーーーー。
はじめて担任を持つっていうことで力が入っているのももちろんあると思うけれど、
でも基本的には子どもが大好きな人なんだな、というのがよくわかる。
担任を持つっていうのは、とても大変なことで(一応、私も小学校教諭の免状は持っている)
子ども一人一人にも目配りしつつ、全体も引っ張っていかなければならない。
しかも小学校は行事が多い! 雑用も多い! 
伊吹先生は早く一人一人をしっかりと知りたいといろんな工夫をするし、子どもたちのアイデアは尊重するし、
後押しもしてあげる。オトナから見ると「本当によくやってるな」という感じ。
きっとこどもたちから見れば「ちゃんと自分たちを見て、聞いてくれる先生」なんだと思う。
具体的な記述も多いから、小学校の先生を目指している人が読んだら、もう目一杯影響されちゃうかもしれませんね。先生になりたいモードもヒートアップすること間違いなしだなwww

香恵の現実の生活と文章の中の伊吹学級が平行して綴られていく。
そして、ノートの最終ページ。
隆へ・・・・・・・。

香恵と伊吹先生の線が交わる。

うん。この話のいちばんの魅力はやっぱり伊吹先生と4年2組の太陽の子たち。
伊吹先生はやはりモデルがいて、ノートもあったのだそうです。
これ以上書くと、ネタバレになるので書けない・・・。
あとはご自分でどうぞw

うたうひと
『うたうひと』
小路幸也 (しょうじ ゆきや)
祥伝社
平成22年10月20日 初版第1刷発行

これまた、なかなかよかったです。

・クラプトンの涙
・左側のボーカリスト
・唇に愛を
・バラードを
・笑うライオン
・その夜に歌う
・明日を笑え
・アンコール 親父の唄

以上8編。
1回目に読み始めた時は、まぁイイ感じかなー。と。
でも3編まで読んで、なんか微妙な感じか・・・?(1つめと3つめのオチがちょっと似てる) だいじょうぶか? この先、似たパターンだと困るんだが・・・とか思ったけれども。
『笑うライオン』! きたーーーー! 
泣けるよねー。友情だよねー。力いっぱい笑うんだ、ライオン!
で、続けざまの『その夜に歌う』。泣けるよねー。オンナなら泣いちゃうよねぇっ!

8編とも一定水準以上は十分いってます。
”うたうひと”というタイトルですが、歌う、吹く、叩く、弾くとそれぞれです。
でもみんな”うた”ってる。
自分のスタイルで、うたおうじゃないか♪

あぽやん
もうほとんど読後感しか書いていない・・・という事実w

さぁ、今月もやってきました読後感!www
ここ最近選択眼が冴えているようで、ブログを更新したくなる本とのめぐり合う率が高い。
幸せなことです♪

「あぽやん」
新野剛志 著
文春文庫
2010年10月10日 第1刷

あぽやんは何かって?
あぽやんはあぽやんさ。
あぽやんは世界を救えない。あぽやんは空を飛べない。あぽやんは金の匂いがしない。
あぽやんは怒る。あぽやんは笑う。あぽやんは走る。
あぽやんは空港にいる。


いわゆる ”お仕事小説” ですねー。
飛行機に乗っての旅をほとんどしない私にとって、”あぽやん”という人と触れ合う機会は皆無。
しかもツアーでないと、きっと会えない。
さらに言えば現時点で空港にあぽやんが存在しているのかも、私にとっては定かでは ない。

でも、ま、現時点で存在するのかしないのかは脇に置いておいて、少なくとも過去にそういう職業が存在していたわけです。
あぽやんの使命はお客様を笑顔で出国させること。
「いってらっしゃいませ。楽しい旅を。」と。

個人客を相手にするサービス業は、どんな業界であっても厳しいものだ。
さらにあぽやんは、『本社の営業』 という味方であって敵のような・・・いやいや、一番ワガママな客のような存在も相手にしなくてはならず、板ばさみになる。
しかもあぽやんは、本社営業からは軽んじて見られているのだ。
お客様を送り出す最後の砦として、時にひどい尻拭いをさせられるのに!

主人公の遠藤は入社1年目に大阪空港のあぽやんと電話で話し、今まではリスト上のローマ字でしかなかった「客」が、泣きも笑いもする「人」であることに改めて気づき、そのあぽやんに憧れと敬意を抱く。
しかしその後周囲の雰囲気に影響され、「あぽやんは営業の苦労がわかっていない、頑固で融通が利かない奴らだ」と思うようになってしまう。
ところが、自分が成田にとばされて・・・!

いろいろあるんです。
共に働くメンバーも個性豊かです。
オンナノコと働くのも一苦労です。
ヤクザもやってきます。
恋もします。
人は一面だけでなく、実に多くの顔を持っています。
そんなこんな。
読みながら、ふっと顔がほころぶ瞬間があります。
心が温かくなりました。

ぜひ、あなたのお手元にも。


鴨川ホルモー
映画にもなりましたね『鴨川ホルモー』。
もともとは映画のタイトルとして知り、「変な名前ー」と思っただけで元ネタが小説だとは気がついていなかった。
それとは別に、万城目 学 という名前は目にしていて、読めず(笑)、
まんじょーめさん だとばかり思っていた。が、平積みのどれかの本の表紙に
「マキメワールド」がどーたら・・・と書いてあって、あぁ あれはマキメさんと読むんだと知った。

それとはまた別に、先日「世のも奇妙な物語」の20周年記念の放送があって、人気作家が筋を提供するという趣向だった。その中のひとつが万城目氏によるものであり、なかなか面白いと朝日新聞に紹介が出ていたので、
放送を見た。
『はじめの一歩』というタイトルで、嵐の大野くんと田中麗奈さんの共演。伊藤四郎氏などの役者陣が魅力的だったということもあったが、やはり脚本(ほん)がとてもよかった。
「世にも奇妙な~」は、話がアンハッピーなものが多いように思うのだが(あまり見てないんだけど)
『はじめの一歩』はハッピーエンドで心がほんわかした話だったのだ。

この番組を見たことで、なんとなく手にとってこなかった万城目氏の本を読んでみよう!と決心したのだった。

さて、本屋で眺め回してみても、確か平積みになっていたはずの本(タイトルは覚えていない)が見当たらない。
仕方ないので本の背を端から見ていくと・・・あった。『鴨川ホルモー』。
おぉ!これは万城目氏の著作だったのか。と、そこで知ったのだった。

さぁ、どーしよう。
万城目氏の著作は読みたい。でも『鴨川ホルモー』でいいのだろうか・・・。
背表紙の文章を読む。今ひとつである。だがしかし!万城目氏の著作は読みたい。
出だしの「はじめに」を数行読む。・・・なんだかよくわからない。でも!万城目氏の著作は読みたい。
えぇいっ!てな気持ちで買った。しょーじきなところは、そんな感じだった。

で・す・が!
買ってよかった~。読んでよかった~。ついでも言えば、映画化なんてして欲しくなかった~~~!
面白いんですよ。面白いんです。
映画はもちろん(?)見てないけれど、この面白さは映画になんてしても表現できないしっ。
だいたいオニはどうやって映画にしたんだ?・・・気にはなるけど、見たくないw
あははははっ!っていう面白さでは、ない。と、私は思う。
すっごい真面目なの。真面目だからこそ、面白いっていう、そういう面白さ。
だから、映画じゃないの。
原作が面白いから映画にしたくなっちゃうんだろうけど、映画は「見た分りやすさ」が必要になるものだから。
そうじゃないの。
「ホルモー」を知らずに京大青竜会に入ってしまった二浪の新入生阿部が、いろんなことを乗り越えながら人間的にも成長しながら、3回生になるまでを描いている。”いろんなこと”には行動面での出来事ももちろんあるが、
とまどい、悩みまくる内面が占める割合も大きい。

こんな風に書くと、何がどう「面白い」のかが全くわからないと思うけれど、でもだいじょーぶっ!
おもしろいからっ!!!
すでに2回読みました。
やっぱり面白かったよ。

『鴨川ホルモー』 万城目 学著
株式会社角川書店
平成21年2月25日 初版発行
平成22年6月5日 七版発行



プロフィール

 ちぼ太 & chiboko

Author: ちぼ太 & chiboko
ちぼ とは?
「ちぼ家」に君臨する
シマトラにゃんこ  7歳 ♀


chiboko のつぃった~ユーザー名は
chibomi です♪
☆フォローお待ちしてます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。