*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オケ老人!
『オケ老人!』
荒木源 著
株式会社小学館
2010年12月12日 初版

高齢化と騒がれ、商品CMも年長者対象のモノが増え、テレビに登場するタレントも総じて年齢が上がってきている。。。老人が主人公となるドラマも増えたが、本も例外ではない。

タイトルに思いっきり”老人”とあるw
実際には主人公は34歳の高校教師だ。
学生の時にバイオリンをかじっていた中島は、異動で新しい学校の近所に引っ越してきた。
そしてアマチュアオーケストラの定期演奏会をたまたま目にし、「新しいことに挑戦しよう!」という思いに目覚めてしまう。
イマドキのアマチュアオーケストラなら、ホームページくらいあるだろうと適当な名前で検索したのが運のつき。。。梅が丘には2つのアマチュアオーケストラが存在したのだ・・・!
中島はおじいさん、おばあさんと呼ばれる(しかもかなりのご高齢)世代ばかりの「梅が丘交響楽団」に入団してしまい、最初はすぐに辞めようと思うのだがはっきりと断れない性格が災いし、さらに指揮を担当していた野々村が病気で倒れてしまったことで自分が指揮を受け持つことになってしまう。

話は中島の「梅が丘交響楽団」=「ウメキョー」と「梅が丘フィルハーモニー」=「梅フィル」との掛け持ちや、
「梅フィル」のアマらしくない競争原理、ウメキョーと梅フィルの過去の確執、並外れた音楽センスを持つ梅フィルの息子との交流、団員のオレオレ詐欺騒動などを描きつつ、一見全く関係のないロシアのスパイ活動が平行して描かれる。
そして最後は、なんとウメキョーの演奏会が行われるのである!
1曲を通しで演奏できなかった、ウメキョーの!

老人パワーを描いた作品と簡単に言うこともできるけれど、それだけじゃない。
人は年齢に関係なく、強いときも弱いときもあるし、人に世話になることも人の役に立てるときもあるし、
そして成長することができる。
少しの工夫で見違えるような結果を得られることがあるし、それが自信につながればもっともっと頑張れる。

人のホンキは強い。

全ての人とホンキで繋がることは、実際のところはかなり難しいことを私たちは知っているが、
それでもオケ老人たちを見習って、いつからでもホンキになりたいものだと思う。






福笑い
昼間に珍しくラジオを流していたら、これまた珍しく歌詞がばっちり聞き取れる歌が流れていた。
耳に飛び込んできたフレーズ

「きっとこの世界の共通言語は
英語じゃなくて笑顔だと思う」

おぉぉ~。いい台詞だw
なかなか印象的な、きっぱりと唄っている人だなぁー。
誰だ?と聞き耳を立ててたんだが、歌の後に紹介が無かった。
が、ネット社会の便利なことよ。
ちゃんと引っかかる。
しかもYouTubeで聞けちゃうからね。いいんだろーか?とも思うが。

高橋優 『福笑い』 

ラジオ番組にリスナーから寄せられたメールを元に作られたらしい。
その「元」は、やっぱり上記のフレーズ部分だったとのこと。
とてもいい曲だと思います。

で、書き取ってしまいました。
よければ検索して聞いてみてくださいね♪

高橋優 『福笑い』

あなたが笑ってたら 僕も笑いたくなる
あなたが泣いていたら 僕も泣いてしまう

難しい顔 難しい話
今ちょっと置いといて 笑えますか?

きっとこの世界の共通言語は
英語じゃなくて笑顔だと思う

子どもだとか大人にかかわらず
男だとか女だとかじゃなく

あなたが今楽しんでいるのか
幸せだと胸はって言えるのか
それだけがこの世界の全てで 隣でこの歌唄う 僕の全て


奪い合うことに慣れ 疑いあう人で溢れ
そこで誰か泣いていても 気にとめる人もいない

どれを切り取って人間らしさって呼べるかわからないけど

誰かの笑顔につられるように
こっちにまで笑顔がうつる魔法のように
理屈ではないところで僕ら 通じ合える力を持ってるはず

あなたは今笑っていますか
強がりじゃなく心の底から
憎しみが入る隙もないくらい 笑い声が響く世界ならいいのに

その姿カタチありのままじゃ
ダメだと誰かが言う
それにしたって笑顔は誰も ありのままにゃかなわない

きっとこの世界の共通言語は
英語じゃなくて笑顔だと思う

笑う門に訪れる何かを愚直に信じて生きていいと思う

誰かの笑顔につられるように
こっちにまで笑顔がうつる魔法のように
理屈ではないところで僕ら 通じ合える力を持ってるはず

あなたがいつも笑えていますように
心から幸せでありますように
それだけがこの世界の全てで どこかで同じように願う人の全て
初日
あけました。

朝日新聞の元旦の特別号(?)に、そう書いていた人がいたなぁ。
作家さんだったかな?
全てのひとが おめでとう と言えるわけじゃないから、と。
そうなのです。
chibokoも年末に急遽 喪中 の人になってしまいました。

なので、私も 「あけました」。
本年もよろしくお願いいたします。

年明け元日をどう過ごそうか? と年末にちぼ太と相談していて
ちぼ太「よし、天皇を見に行こう」
・・・。見に行くって、動物園じゃないんだから!
まー、一度は拝顔しておきたいものだと思っていたし、皇居へのアクセスもよくなったので(by高速バス)それもよし、と話していた。
が、いざ調べてみると
「2日だって。」
・・・。なんだかこのパターンが続くなぁw
ちぼ太「じゃあ、去年の場所に初日の出を見に行こう」
しかしガソリンスタンドって元旦に営業しているのか?満タンになってたっけ?
ちぼ太「ん~・・・。止めよう。。。」

結局、徒歩30分の公園内にある展望台から拝むことにした。

2011初日

展望台は人だかりだったので、展望台の足元からw
今年も初日を拝めて満足♪
その帰りがけに近所の神社さんへ。
破魔矢をいただきました。
皆さんぽつぽつと参拝にきていたので、ゆったりと拝めました。

今年もよい年でありますように。




残りモノには・・・
年末年始は家でまったり♪
大晦日の晩御飯に 「カニを食べる!」 と、ちぼ太が宣言した。
市場に買いに行くと言う。
うちから20分強歩くと市場があるのだ。

市場は31日まで開いているものと思い込んでいたちぼ家。
今朝、
chiboko「じゃあ、市場は明日ね? 7時頃に行けばまだカニ残ってるかなぁ?」
ちぼ太 「うーん。。。実は今日までだったりしてね。市場。」
という会話の1分後・・・
ちぼ太 「! 今日までだって!!」

おぉ~い・・・。
時計はすでに10時半を回っている。
市場にモノは残っているのか?
とにかく身支度をして出かける。

案の定、市場はすでに閉めている店が多く、また片付け始めている店もあった。
鮮魚の店は軒並み 残りモノ がちらほらあるのみ。
マグロの頭がゴロゴロと転がっている傍らに、サクが「残り5個!」という状態だった。
カニも足そのものはほとんど残っていない。
スーパーにおいてあるようなパックが少し残っているだけ。
未練がましく市場をぐるっと回ってみる。

と。

400円

カニの足が見えるその発泡スチロールの上に見えた 400円。
ちぼ太「え?400円?」
よくよく見ると 
「このスモークサーモンが400円だってば。」(chiboko)
そう。カニを隠すかのように乗っていたたった1個のスモークサーモンに貼られていたのである。
カニに値段は付いていない。
店のおじさんに値段を聞くと
「あ~、もう残りモノだから。。。」と足4本をつかんで量りに乗せた。
「3000円でいいよ。」
もう2本足を加えながら言ってくれた。
「年末にいいことがなくちゃ、ね♪」と!

わ~♪ ありがとう、おじさんっ!
これこそ 残りモノには福がある ってやつですねw

出遅れてウロウロさ迷っていたちぼ家を可哀相に思ってくれたのでしょうか。
今思えば、値段をつけていなかったカニは本当に残りモノだったのでしょうか?
おじさんの家用ではなかったのでしょうか?

お釣りを受け取りながら「よいお年をw」と挨拶すると「よいお年を」を返してくれました。
ありがとう。
いい年の瀬です。




シアター!
読み終わってからしばらく時間が経ってしまいましたが。

「シアター!」
有川浩 著
メディアワークス文庫
2009年12月16日 初版発行

あら。1年前だったのですねー。初版。
なかなか読み心地はよかったです。
久々に 「青春!」って感じのモノを読んだなー、と。

小劇場系の劇団。儲けるっていうよりも、『劇が好きだからアルバイトで生活費を稼ぎつつ
劇団員やってます』系の劇団を率いる巧(たくみ)は、主人公司(つかさ)の弟。
幼い頃はいじめられっこで生きていくすら危ぶまれていた巧は、
劇を演じることを覚えてから劇作家の才能を開花させ、もともと持っていた人から好かれる性格も
あり、演劇人として成長していく。
そんな弟を持った司は、しっかり者で、なんだかんだいいつつも巧の面倒をみつづけてきた。
大学卒業後も演劇を続けた巧は劇団の主宰をしているが、劇団は赤字続き。
ある事がきっかけで、ついにどーにもならなくなって泣きついて来た巧に司は突きつける。
「金は貸す。が、2年で返せ。返す金は劇団があげた収益しか認めない!」
だが、それも愛。
司は自分の会社勤めをこなしつつ、金勘定がどんぶりだった劇団の収支を分析し、計画を立て、締める所は締める。チケットの売り方にも知恵を絞る。物販もいけると見ると工夫をこらす。
そんな司を巧も心強く頼りにする。
「兄ちゃんがやってダメなら、俺達はその程度だったってことだよ。」

うん。青春。
かる~い読み心地。
楽しいんだけど、ちょっとここ最近覚えがないくらい軽くて物足りない・・・ような気が。

さて、この有川さん。
ずーっと読みたいと思っていつつ、未だ読めていない『図書館戦争』の著者。
なんとか早いトコ読まないと。。。文庫化はまだだろーか。
ちなみに『フリーター、家を買う』も有川さんが書いているんですよね。
でも、これは私が勝手に「ほんとにフリーターだった人の経験談」だと信じていたので
なんだー小説だったんだぁーと、勝手に失望しちゃったのでした。読んでないけど。ドラマはたまに見てる。
最近の大学生のよく読む著者ランキングで2位だったようですが、なんかちょっと「え?」って感じで。

で、これを読んだ後は仕事が忙しい時期に突入したこと&なんとなく”小説”に飽きた?ってことで
手にとっていません。
このまま年末まで行きそうな。。。



プロフィール

 ちぼ太 & chiboko

Author: ちぼ太 & chiboko
ちぼ とは?
「ちぼ家」に君臨する
シマトラにゃんこ  7歳 ♀


chiboko のつぃった~ユーザー名は
chibomi です♪
☆フォローお待ちしてます☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。